2020年9月15日

兄、いつのまにか(その1)【菊田まりこの子ども是好日・12】

シェア
ツイート
ブックマーク


第二子ができたとき、「上の子の赤ちゃん返り」という現象を
よく聞きます。陽くんも……?と、心配しましたが、
シンプルに「大好きだよ、大丈夫」が、ちゃんと伝わっていればいいのかなって。
それこそ、この時期ばかりはわかりやすく、あなたが1番くらいなアピールを。
親の愛は変わらず自分に注がれていると、ゆるぎない自信を持ってくれたなら、
お兄ちゃんお姉ちゃんとして、安心して下の子を愛せますよね。
おまけに自立を促し、結果ママ助かる図式でした。

菊田まりこ
きくたまりこ/絵本作家。絵本『いつでも会える』でボローニャ国際児童図書展で、ボローニャ児童賞・特別賞を受賞。絵本に『ゆきの日』(白泉社)『ひとつぼし』(学研プラス)『月のしずく』(WAVE出版)、育児エッセイに『だっこしておんぶして』『君へのてがみ』(角川文庫)、翻訳を手がけた絵本『わたしのそばできいていて』『おばあちゃんのおくりもの』(WAVE出版)など。 
http://kikutamariko.jp

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ