2020年8月27日

妊婦の恥骨痛がツラいワケ【妊娠中のトラブルシューティング・3】

シェア
ツイート
ブックマーク

妊娠するとカラダのあちこちが痛かったり、お腹が張ったり……。マイナートラブルが絶えないものの、その対処法がわからない人も多いはず。そこで、産前産後のママ25000人の体を整えてきた助産師の是枝貴子さんが、妊婦の痛みや辛い症状のメカニズムとその対処法をレクチャーします。Vol.3は妊婦の恥骨の痛みについて解説します
モデル/惟村寛子 撮影/志田三穂子 取材・文/野々山幸(TAPE)スタジオ/マミースタジオ イラスト/原田晃

妊娠中に痛くなりがちな「恥骨」とは?

上のイラストを見てください。骨盤は、左右1対の寛骨、仙骨、尾骨という複数の骨から構成されています。その中の寛骨は、子どもの頃、腸骨・恥骨・坐骨という3つの骨に分かれていて軟骨によって連結している構造ですが、思春期以降にそれらが癒合し、1つの寛骨になります。そのうち、体のもっとも前側にある骨が恥骨。左右の恥骨は体の前側で連結されています。この部分を、恥骨結合といいます。


おへその下に親指を置いて、軽く圧をかけながら指を下に下ろしていくと、指に当たるのが恥骨です。場所でいうと、陰毛の生え際あたりとなります。妊婦さんの場合は、あお向けに寝て触るとよりわかりやすくなります。

妊娠すると、ホルモンの影響で恥骨痛に

妊娠をすると「リラキシン」というホルモンの作用を受けて、骨盤まわりの筋肉やじん帯がゆるみます。それと同時に、妊娠週数が進むにつれ、徐々に子宮が大きくなり骨盤にかかる重みが増してきます。そのため恥骨結合に多大な負担がかかり、それが、妊娠中に起こる「恥骨の痛み」の原因となるのです。

マミーサロンを訪ねる妊婦さんたちの声
「起き上がったり寝返りをうつときに恥骨がズーンと痛くなる」
「立ち上がる時に恥骨のあたりがピキンと痛みが走る」

恥骨痛を和らげる対策その①:さらしで骨盤サポート

恥骨痛への対処法でおすすめなのが、さらしで骨盤をサポートすること。緩みすぎた恥骨結合をサポートするために、後ろから前にさらしを巻きます。

1)さらしをお尻の一番高いトップの位置に当てて、そのまままっすぐさらしを前に持ってくる。


2)恥骨の前でさらしを交差します。このとき、きつすぎないように気を付けてください。前で交差したらさらしを後ろにまわし、後ろでさらに交差。

3)さらしの先端は、骨盤に巻いたさらしの内側にしまい込みます。


4)立ったまま巻くよりも、骨盤高位の体勢で巻くのが◎。(やり方はVol.2を参照)
※さらしは伸縮性がなく、締めすぎると苦しくなりやすいので、無理のない程度にやさしく巻きましょう。

おすすめアイテム 

kodomoe shop 1/4折ソフトさらし
骨盤のゆるみチェックや普段の骨盤ケアに使用できるマミーサロンでも愛用者の多いさらし。通常のさらしの1/4幅に加工されているのですぐに使える優れもの。数量限定でkodomoe shopでも購入可能。詳しくはこちらへ。(1000円+税 大衛)

骨盤をサポートするベルト
さらしは安価で簡易的に巻けるけれど、ずれやすく外れやすいというデメリットもあります。それらをカバーするのが骨盤をサポートするベルト。恥骨痛がある方には「トコちゃんベルトⅠ」が有効と言われていますが、助産師さんがアドバイスしてくれるお近くの施設で試着して選ぶことをおすすめします。(参考商品/トコちゃんベルト 青葉)

恥骨痛を和らげる対策その②:お腹を持ち上げて恥骨への負担を減らす

妊婦帯でお腹を支えることでも、恥骨痛が軽減される場合も。

1)あお向けに寝た状態で、妊婦帯で下腹部を沿わせるように巻く。立って巻いても効果が得られません。


2)腰を少し浮かせて、後ろで妊婦帯を交差させ、妊婦帯の先端をマジックテープで留める。

恥骨痛を和らげる対策その③:恥骨に付着する内ももの筋肉をあたためる

内ももの筋肉郡は、恥骨に付着しています。恥骨痛を訴える妊婦さんの多くが内ももの筋肉が凝り固まっています。手軽に使えるお灸で内ももの筋肉をあたためることで、筋肉のコリがほぐれ恥骨痛が和らぐ場合も。


お灸 
シールをはがして貼るだけの、火を使わないお灸。安全でお手軽なので、リラックスタイムに内ももに貼って温めて。膝に近い内ももが最も効果的!(参考商品/せんねん灸・太陽)

妊婦の悩みとしてあがることの多い「恥骨痛」。骨盤の構造やホルモンの影響など、さまざまな要因があって起こることです。我慢したり、諦めたりせずに、妊娠中にできるケアを地道にしていくことで痛みが軽くなることも多いのです。

次回のVol.4では、恥骨痛と並んで妊婦が悩みがちな、骨盤の後ろ側の痛み(仙骨や尾骨の痛み)について解説します。

是枝貴子
これえだたかこ/産前産後のママとベビーのためのヘルスケアサロン「マミーサロン」主宰。助産師、鍼灸師、フットケアトレーナーなど数多くの資格を持つ。産科勤務時代、ママのカラダを助けたいと一念発起し骨盤ケアを学ぶ。25000人以上の妊婦、産後ママをケア。現在月200名以上の施術に従事。
5歳の男の子、1歳の女の子のママ。仕事と子育てに追われる日々を綴るブログやインスタも人気。
マミーサロン http://www.mommy-salon.com
ブログ https://ameblo.jp/diary-mommysalon
Instagram https://www.instagram.com/mommy_salon_kore/?hl=ja

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ