2020年12月17日

妊娠中のしんどい肩こり&頭痛を解消するには?【妊娠中のトラブルシューティング・11】

シェア
ツイート
ブックマーク

妊娠するとカラダのあちこちが痛かったり、お腹が張ったり……。マイナートラブルが絶えないものの、その対処法がわからない人も多いはず。そこで、産前産後のママの身体を整える助産師の是枝貴子さんが、妊婦の痛みや辛い症状のメカニズムとその対処法をレクチャーします。Vol.11は妊娠中にひどくなりやすい肩こり&頭痛について解説します。
モデル/福本マオ 撮影/志田三穂子 取材・文/野々山幸(TAPE) 絵/原田晃 スタジオ/マミースタジオ

妊婦の肩こり&頭痛がひどくなりやすい理由とは?

肩こりは、ひとつの原因で生じているとは限りません。あらゆる要因が複合的に作用して起こっていることも多いので、すっきり解消しにくいトラブルでもあります。「妊娠前は肩こりはなかったのに、妊娠してから肩こりが辛い」という方も多いです。
妊娠中の肩こりの主な原因として挙げられるのが、「ストレートネック」傾向が強まるという点です。妊娠してお腹が大きくなるにつれて腰が反ってくると、そのバランスを保つために肩は内側に入り、首が前に出やすくなります。首が前に出る姿勢をし続けると、本来であればゆるやかな前弯カーブを描いているはずの頸椎がまっすぐに。この状態を「ストレートネック」と言います。頸椎の前弯カーブが失われることで、首の痛みだけではなく肩こりや頭痛など身体に様々な不調をもたらすこともあります。また最近では、スマホやPCを長時間操作することによりストレートネックがより進行してしまうケースも多いです。
また、乳腺の発達によりバストに重みが出ることも、妊婦さん特有の肩こりの原因のひとつだと思います。

肩こりしやすい生活チェックリスト

以下の傾向がある人は、肩こりになりやすい妊婦さんです。当てはまる場合は、注意してくださいね。
□スマホを見ることが多い
□妊娠して身体を動かしていない。もしくは動かすことが減った
□眠りが浅くなり疲労回復できていない
□同一姿勢でいることが多い
□テレワークになり、自宅のデスクやイスで長時間仕事をしている

マミーサロンを訪ねる妊婦さんたちの声
「テレワークで身体が固まり、肩こりがひどくなった」
「肩こりがひどすぎて、頭が痛くなる」
「頭痛がおさまらず、ひどいと吐き気を感じることも」

肩こりを和らげる対策その①:バスタオル枕で首を休める

ストレートネックへの対策です。前弯カーブの部分にバスタオルがハマるように当てて、首を休めましょう。

バスタオルだけでなく、青葉の快眠枕のように首のカーブにフィットするものなら◯。夜にこのまま寝てもいいのですが、お腹が大きくなるにつれて仰向けで寝るのはつらくなってくると思うので、短時間でも◯。1日のうちで、首をリラックスさせてあげる時間を作ってあげましょう。

肩こりを和らげる対策その②:タオルで首まわし

首の緊張を取って、凝り固まっている首周りの微細な筋肉をやさしく動かして可動域を広げます。タオルで支えを作りながらだと、動かしやすいのでおすすめ。

首にフェイスタオルをかけて両手で持ち、首を前、後ろ、左右の順番で動かします。次にその前後左右の4点をゆっくりとつなげるように、ぐるっと1周まわします。首をまわしすぎると気分が悪くなることもあるので注意をしながら、左右にゆっくり3回ずつまわして。首まわりがスッキリすると思います。
ポイントは、タオルでしっかり支えを作ること。支えがないと、首以外のお腹など他の部分にも力が入ってしまいます。首にタオルをかけて、ゆるまないように両手で軽く引っ張って。より首の近くで、タオルを短めに持つと感覚がつかみやすくなると思います。

肩こりを和らげる対策その③:ツボを刺激

風池(ふうち)と百会(ひゃくえ)。東洋医学で頭痛、肩こりに効くツボとして有名なふたつのツボ「風池」と「百会」。親指で気持ちいいなと思うぐらいの強さでやさしく押してみましょう。
【風池(ふうち)】

首の後ろの骨の両側にある太い筋肉部分の、髪の生え際あたりが「風池」。手を広げて後頭部を包むように当てて、親指で押しましょう。
【百会(ひゃくえ)】

頭のてっぺんにあるツボが「百会」です。頭痛、肩こりのほか、目の疲れや自律神経の働きも整えてくれると言われています。

肩こりを軽視していると頭痛や嘔吐にまで発展するケースも多いので、早めに対処されることをおすすめします。放っておくと慢性化しやすく、産後の授乳や寝不足などでさらにつらくなる人も。少しでも肩こりを解消させて、快適な妊婦生活を過ごしましょう。

kodomoe webで人気の是枝貴子先生の連載「妊娠中のトラブルシューティング」は、この回で終了です。ご愛読ありがとうございました。妊娠したら変わっていくカラダに戸惑う時は、また読んでみてください。編集担当と是枝先生との出会いも妊娠中のひどい頭痛がテーマでした( ; ; )。連載にないテーマでお困りの方は、是枝先生のサロンへご相談を。力になってくれます。kodomoeではこれからも産前産後のママを応援していきます!

是枝貴子
これえだたかこ/産前産後のママとベビーのためのヘルスケアサロン「マミーサロン」主宰。助産師、鍼灸師、フットケアトレーナーなど数多くの資格を持つ。産科勤務時代、ママのカラダを助けたいと一念発起し骨盤ケアを学ぶ。25000人以上の妊婦、産後ママをケア。現在月200名以上の施術に従事。
5歳の男の子、1歳の女の子のママ。仕事と子育てに追われる日々を綴るブログやインスタも人気。
マミーサロン http://www.mommy-salon.com
ブログ https://ameblo.jp/diary-mommysalon
Instagram https://www.instagram.com/mommy_salon_kore/?hl=ja

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ