2019年4月12日

第11回 井上和香さん×助産師さん「辛い腰痛や坐骨神経痛は、骨盤エクササイズで楽になる」

シェア
ツイート
ブックマーク

腰をじっくり回して骨盤の動きをつける!

是枝:
腰痛のある方は、腰や骨盤まわりの筋肉が凝り固まっていますので、筋肉の凝りをほぐして可動性をつけていくことが大事です。です。腰をくるりと回して腰や骨盤まわりの筋肉をほぐしていきしょう。

『腰痛予防の腰回し運動』
1.肩幅に足を開き、手を腰に当て、まっすぐ前をむいたまま、骨盤だけ左右に動かしてみましょう。
2.次に骨盤を前後に動かしてみましょう。前は恥骨を持ち上げるように動かし、後ろはお尻を後ろにひく感じです。、
3.前後左右に動かした点をつなげて、円になるようにゆっくりと腰をまわします。このとき回しやすいほうを10回、逆回りは5回を1セットとし、3~5回ほど繰り返します。

是枝:
前の動きは、恥骨を持ち上げるようにするのですが、よくわからない場合は、お尻にえくぼができるのを確認してください。、お尻をきゅっと締まっている感覚がつかめると思います。後ろの動きは、太ももの後ろがピーンとストレッチがかかるところまでお尻をひいてください。

和香:
お尻にえくぼ、 太ももの後ろがピーンとですね。

是枝:
回しにくいほうが回数が少ないのは、回しにくいほうが筋肉がかたまっている可能性が高いからです。いままで動かしていないところを急に動かすと、痛めてしまうこともあるので、無理せず、気持ちいいぐらいのところでとめていいですよ。

エクササイズは量より質!

是枝:
和香さん、トレーニングはいかがでしたか?

和香:
私、バランスボールとかで少しはストレッチをやってるんですが、今日のが一番きついですね。そんなに大きな動きじゃないのに、やりすぎると筋肉痛になりそうでした。

是枝:
シンプルな動きですが、じっくりやることでかなり負荷がかかるので、エクササイズはすべてにいえますが、量より質が大事ってことですね。。

和香:
でも最後の腰まわしは、一番気持ちよかったです。普段はここまでのばしてなかったなと思いました。逆にお尻を上げるストレッチは、きつかった! 膝をとじようとするとプルプルきちゃって、筋力のなさを実感しましたね。

是枝:
いまからでも遅くないので、ぜひトレーニングしてみてくださいね。骨盤底筋はしっかりトレーニングすれば復活しますよよ。

和香:
やってみます。ありがとうございました!

井上和香さんの連載「素敵なママにはなれないけれど」をもっと読む?

撮影/黒澤義教 取材・文/日下淳子

■井上和香さん:
1980年生まれ。女優。2012年、映画監督の飯塚健さんと結婚。2015年7月、第一子となる娘さんを出産。オフィシャルブログ:https://ameblo.jp/inoue-waka

123
シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ