2019年4月12日

第11回 井上和香さん×助産師さん「辛い腰痛や坐骨神経痛は、骨盤エクササイズで楽になる」

シェア
ツイート
ブックマーク

妊娠・出産で緩んだ骨盤が原因で、腰や坐骨、尾骨などに痛みが出るのも出産後の典型的な症状。腰痛がひどいという井上和香さんに、助産師の是枝貴子さんが、痛みを和らげて骨盤まわりの筋力アップのためのエクササイズを教えてくれました。

◼︎是枝貴子:
これえだたかこ/産前産後のママとベビーのためのヘルスケアサロン「マミーサロン」代表。産科勤務時代、トラブルの多いママの身体を助けたいと一念発起し骨盤ケアを学ぶ。助産師、鍼灸師、カイロプラクター、フットケアトレーナーなど数多くの資格を保有し、産前産後の母子を中心に、月に200名以上の骨盤ケアや足育ケアに従事。これまでの施術実績は延べ20000人以上。
https://www.mommy-salon.com

子どもが重くなると抱っこが辛いんです

是枝貴子さん(以下:是枝):
腰痛を意識するようになったのは、いつ頃からですか?

井上和香さん(以下、和香):
腰痛は産前からずっとあったのですが、妊娠中に坐骨神経痛になって、それが激痛で。さらに産後も抱っこしてたら、お尻から太ももの後ろの痛みが抜けなくて。

是枝:
うちのサロンに来られる妊婦さんでも座骨神経痛の方は多いです。出産時、赤ちゃんを通しやすくするために妊娠すると骨盤が緩むんです。これは、ホルモンの影響なんですが、骨盤が緩みすぎると、まわりの筋肉は凝り固まってしまう傾向があります。その結果、坐骨神経を圧迫してしまうため、神経痛が出ることがあります。

和香:
ええ! そうなんだ!坐骨神経痛は、ものすごい痛かったです。病院も何回も行ったんですけど、病院ってなんの薬も出してくれないんですよね。ただ、ベルトをまくか、補強するぐらいしかなかったです。

是枝:
痛みが出て産院で相談しても、「妊娠中は仕方ない」「産めば治るから」と言われてしまい、なかなか解決しないんです。だからみなさんうちのサロンを探し当てて来るみたいです(笑)。妊婦の駆け込み寺的な感じになっています。

第11回 井上和香さん×助産師さん「辛い腰痛や坐骨神経痛は、骨盤エクササイズで楽になる」の画像1

和香:
そっかぁ。! 立っても座っても痛いし、足の裏とかひざ裏に電気が走ったように痛みがあるでしょう。どうしてあんな痛みが出るんですか?

是枝:
坐骨神経痛は、腰から足にかけて伸びている坐骨神経がさまざまな原因によって圧迫されることで現れる痛みやしびれなどの症状をいいます。妊娠中は、リラキシンというホルモンの作用を受けて、筋肉や靭帯が緩むので、骨盤まわりに負担がかかりやすくなるんです。それにより重心や姿勢も変化するのでお尻に負担がかかり、その結果、坐骨神経が圧迫されやすくなり坐骨神経痛になるってわけです。

和香:
それであんなに痛かったんですね。

是枝:
出産後に骨盤がリカバリーしていくと、だんだん痛みはなくなるのですが、骨盤をリカバリーするだけの筋力がない人は痛みが長引く場合が多いです。。骨盤が元の状態に戻りきってないまま、赤ちゃんの抱っこもしなきゃいけないわけで、腰は痛くなるよね。

和香:
そう、腰痛にはずっと悩まされています。

是枝:
赤ちゃんが低月齢のときはいいんだけど、7kg、8kgになってくると、もう大変。子どもが重くなってくると、骨盤や腰が痛み始める人も多いんですよ。

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ