2019年5月7日

おうちで0円工作!空き箱&段ボールハウス編【杉浦さやか「おやこ プチプラごっこ+ plus」vol.4】

シェア
ツイート
ブックマーク

安く、楽しく!をモットーに5歳の娘。ふきちゃんとプチプラ生活を楽しむ、イラストレーター杉浦さやかさんの生活のあれこれweb版。今回は、雨の日でも楽しめる、空き箱や段ボールを使ったおうちづくり!

 kodomoe2019年6月号では、工作遊びについて書きました。普段から空き箱やサランラップの芯、かまぼこ板など材料になりそうなものをとっておいて、家にあるものだけを使った0円工作。そんな工作の中でも、一番の大物は段ボールハウス。
 ずっと作ってあげたかったけど、なかなか大きいダンボールが手に入らず、中くらいの箱で作ってみたのが3歳のとき。作ってみたら、ふたと底になる部分を開いてガムテープでとめれば、十分大きくなるんだなぁ。もっと小さい1~2歳のときに作ってあげればよかった。このときはほぼ私が作って、娘は色を塗ったり折り紙を貼ったり、飾りつけをするくらい。やはり3歳だと入るには小さかったけれど、お人形遊びをしたり、お店に見立てたりと活躍しました。

 はじめての家は気合いを入れてしまったけど、半年後にふたたび作ったときは、骨組みだけ私が作り、デコレーションは娘にまかせてみました。段ボールそのままの壁に絵を描いたり、作品を貼ったり。やっぱり工作魂がうずいて少し手を出しちゃったけど、自分で飾りつけた家の出来栄えに「まえのおうちよりおされにできたね!」とご満悦。親から見たらつたないものでも、手を出しすぎずに見守ることも大切なんだなぁと実感しました。

 その後もリクエストされてリカちゃんのキッチンを作ったり、捨てるおもちゃをふんだんに飾りつけて、ポポちゃん(お世話人形)の家を作ったり。ふたりで家づくりを楽しんでいます。

kodomoe2019年6月号でも、廃材で作るケーキや紙しばいボックスなど、「おうちで0円工作あそび」をご紹介しています。

杉浦さやかさんのweb連載「おやこ プチプラごっこ+ plus」これまでの記事はこちらから

子連れでのおでかけ先に悩んだらこちら! 杉浦さやか「さやかとふきの親子デート+ plus はプチプラおでかけのヒントがいっぱい。

杉浦さやか Sayaka Sugiura
1971年生まれ。日本大学芸術学部卒業。在学中よりイラストレーターとして仕事を始める。 著書に『えほんとさんぽ』『おさんぽ美術館』『おきにいりと暮らすABC』『おやこデート』(白泉社)『世界を食べよう! 旅ごはん』『すくすくスケッチ』(祥伝社)ほか多数。「月刊MOE」「kodomoe」をはじめとする雑誌や、書籍など多方面で活躍。現在、6歳の娘・蕗と夫と3人で東京に暮らす。

杉浦さやか新刊プロジェクト(祥伝社)
http://www.shodensha.co.jp/ssp/

杉浦さやかTwitter
https://twitter.com/saa_aya


杉浦さやか『おやこデート こどもと楽しむおでかけガイド』好評発売中!
WEB版「おやこデート」では鎌倉・江の島、浅草など、よりぬきおさんぽコースを紹介


シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ