2019年3月7日

vol.3 雨の日も暑い日も、登園を支えてくれた“おとも”たち

シェア
ツイート
G+
ブックマーク

安く、楽しく!をモットーに5歳の娘。ふきちゃんとプチプラ生活を楽しむ、イラストレーター杉浦さやかさんの生活のあれこれweb版。

 この3月で保育園を卒園した娘。なによりさみしいのが、私の担当だった朝の送りがなくなってしまったこと。4年間で渡り歩いた3つの園は、全部隣町。歩けば大人の足で20分はかかる道を、雨の日も風の日もともに駆け抜けました。

 3歳の5月に認可保育園に入ることができて、落ち着いた秋ごろにはじめたのが”半分徒歩通園”。1,7㎞の道のりの半分を、歩かせることにしたのです。新しい園では園庭があるからか、滅多にお散歩に行かなくなってしまったのと、もともと歩きたがらない子だったから。毎日少しずつでも運動させようと、酷暑の時期や私の仕事に余裕がない時以外は、駐輪場に自転車を止めて歩きました。
 最初はやはりいやがったので、「〇〇ちゃんと山登りに行くための練習だよ」「制作のための葉っぱを拾おう」など楽しいことで釣ったり、「じゃあこれからずっとお父さんと行ってもらう」とつい脅したり。なにより「お母さんは歩くのが大好き。あなたと歩くと楽しい」ことを伝えてきました。

 しぶしぶ歩きはじめても、季節の花を眺めたり、木の実を拾ったりするうちにすぐにご機嫌に。たくさんおしゃべりしながら、朝の散歩を楽しみました。年長のおわりごろには、「ぜんぶ歩く」と、30分かけて家から踏破する日も。おかげで滅多に風邪も引かず、だいぶ身体がしっかりしました。
 きっと保育園時代のことを思い出すたび、娘と歩いた朝の風景が浮かぶのだろうな。私の気分転換にもすごく役立っていたので、さて、これからどうしようかな。

kodomoe2019年4月号では、入園・入学グッズのお名前つけや、簡単アレンジ術をご紹介しています。

杉浦さやか Sayaka Sugiura
1971年生まれ。日本大学芸術学部卒業。在学中よりイラストレーターとして仕事を始める。 著書に『えほんとさんぽ』『おさんぽ美術館』『おきにいりと暮らすABC』『おやこデート』(白泉社)『世界を食べよう! 旅ごはん』『すくすくスケッチ』(祥伝社)ほか多数。「月刊MOE」「kodomoe」をはじめとする雑誌や、書籍など多方面で活躍。現在、6歳の娘・蕗と夫と3人で東京に暮らす。

杉浦さやか新刊プロジェクト(祥伝社)
http://www.shodensha.co.jp/ssp/

杉浦さやかTwitter
https://twitter.com/saa_aya


杉浦さやか『おやこデート こどもと楽しむおでかけガイド』好評発売中!
WEB版「おやこデート」では鎌倉・江の島、浅草など、よりぬきおさんぽコースを紹介


シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ