2020年2月5日

「理想のママ」より「ただそこにいるママ」でいい【楽々かあさん流 子どもが伸びる♪ラク育ドリル 第16回】

シェア
ツイート
ブックマーク

発達障害のある長男を含む3人の子育てに奮闘してきた楽々かあさんが、悩めるママへ贈るメッセージ、ついに最終回です!

子どもを愛するように
自分も愛してあげて

つねに満載の「To Do リスト」に追われて、子どもとふれあう時間がない! これって本末転倒? つい完璧を追い求めてしまうママたちに、今のあなたで「いいね!」を、楽々かあさんが連打します!

子どもが生きている、それだけで十分! 今のあなたにOKを出せば、子育てはもっと楽になる!【楽々かあさん流 子どもが伸びる♪ラク育ドリル 第16回】の画像1

子どもが求めているは、「理想のママ」じゃない!

ママになったら、子どもにあれもこれもしてあげるぞ! 思い描いていた理想とは程遠い現状を、どうすれば変えられますか?

毎日忙しいと、ついつい余裕がなくなってしまいますよね。そして、親……とくにママは、子どもに対していつも心の中で「ごめんね」って謝っているんじゃないかな、なんて思うんです(私がそうでしたから……)。
「もっと、〇〇してあげたいけど、できなくてごめんね」「もっと、優しいママになれなくてごめんね」「もっと、もっと」……って。
 確かに親が子どもとしっかり関わり、たくさん一緒に遊んで、いっぱいお話しして、いろんな経験をさせてあげるのは、子どもの成長にとって大切なこと。でも、できない自分を責めてもしょーがありません。だって、「理想のママ」「完璧な親」なんて、世界中のどこにもいないんですから。
まずは、今の自分に「OK」を出してあげませんか。できないことがあってもいいんです。お子さんが今まで無事に成長しているなら、既にあなたは十分「いいママ」ですよ!
 そして、お子さんが本当に望んでいることは、たった1つだけです。

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ