2018年5月7日

第1回 少女マンガは子育ての参考書 & きょうだい育児は秘密のサインで♡

シェア
ツイート
G+
ブックマーク

kodomoe2018年6月号からスタートした、楽々かあさんこと大場美鈴さんの新連載。発達障害のある長男を含む3人の子育てに奮闘してきた楽々かあさんが、今日から実践できるラクちん育児メソッドを伝授しています! そして、本誌では紹介しきれなかったお役立ちテクを、kodomoe webだけで特別公開!
編集協力/田所佐月

Profile

監修・文:大場美鈴 (楽々かあさん)

おおばみすず/うちの子専門家。発達障害のある長男(中1)、グレーゾーンの次男(小5)、長女(小2)の3人のママ。
著書に「発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母のどんな子もぐんぐん伸ばす120の子育て法」他。
http://www.rakurakumom.com/

マンガ:とやまちさと

漫画イラストレーター。長野在住。3歳男の子ママ。kodomoeの育児特集で、「ママあるある」をわかりやすくマンガ化することに定評がある。かわいいねこキャラクターも人気。ルナルナで「ねこ夫婦のはてなポスト」を連載するなど、webや雑誌などで活躍。Twitter: @toyamachisato
Web: http://chisato.boo.jp/

その①
イライラ怒ってばかりの毎日を変えたい!
子どもに「大好き♡」を1秒で伝える方法 応用編

泣いたら抱っこして、おいしいごはんを作って、寝る前は絵本の読み聞かせ……。毎日、一生懸命子育てしているのに、子どもはなぜか不機嫌だったり、かんしゃくをおこしたり、ママもぐったり。こんなにがんばっているのに、なんでうまくいかないんだろう? かわいいはずのわが子なのに、時々そう思えない自分に落ち込むこと、ありますよね。
もしかして、その「がんばり」と「愛情」、子どもにうまく伝わっていないかも!? 6月号では、まずは、ママの「大好き♡」を、子どもに効率よく&わかりやすく伝える方法を紹介。言葉や表情、ジェスチャーなどで、子どもの五感に訴えるテクを指南しています。さらにwebでは、ママ自身も楽しめる!きょうだいにおすすめ!な愛情表現テクを伝授♪

 

少女マンガは子育ての参考書♡

お子さんへは、「大好き」と言ったり、ハグしたり、直接的な愛情表現が一番伝わりやすいんです。そこで愛情表現のバリエ研究に役立つのが、少女マンガ!
「あすなろ抱き」や「髪クシャ」などなど、高等テクが満載です。

「抱っこ、おんぶ、読み聞かせ? それから……うーん。愛情表現なんて、そんなにいろいろ思いつかないカモ……」というママにオススメなのが少女マンガ! じつは、少女マンガの胸キュンシーンには、親子にも応用できるヒントがいっぱい。あんまり育児だけに一生懸命になり過ぎず、時には息抜きも兼ねて、本棚の懐かし漫画で青春時代の思い出に浸り、書店巡りやWebマンガで「参考書」探しをしてみては? お子さんを「かわいいな」「愛おしいな」と感じた瞬間の気持ちを素直に伝え続ければ、いつか想いが通じて子育てもハッピーエンドに。

 

きょうだい育児には、秘密のフタマタ作戦!

ママの関心を自分だけに向けたい! きょうだい育児の悩みどころである、ママの取り合いっこには、恋愛上級者的手法を取り入れて!

きょうだい育児の根本的な悩みは「ママが分身できないこと」。いくら人生最大(?)のモテ期到来とはいえ「こっちを立てれば、あっちがひっくり返る」の繰り返しではグッタリですよね。ここはチャラ男君のマメさと要領の良さを見習って、上手にフタマタ、ミマタ作戦を。それぞれ秘密の大好きサインを決めたり、パパに下の子を預けて、絶賛赤ちゃん返り中の上の子と二人きりの抜け駆けデートをしたり。隠れて特別感を演出するのが、結果的に家の中が落ち着く近道です! また一人っ子でも、オーバーな愛情表現だと逃げてゆくシャイな子には、ぜひトライしてみて。

ただし、ママだって人間ですから、毎日24時間愛情いっぱいに……なんてムリ!
子どもに愛情を伝えるのは、無理せずできる範囲で。通りすがりの1秒チャージでもいいので、ママの「大好き」を気長に伝えていくと、かんしゃくの回数が減る、泣いても落ち着きやすくなる、こちらの話も(多少は)きいてもらいやすくなるなど、子育て自体がだんだんラクになっていきますよ。

ココが大切!

子どもにママの「大好き♡」がちゃんと伝わっていれば、たいていのことはなんとかなります。ここさえ押さえれば、あとはどんな育児をしようが大丈夫!

kodomoe2018年6月号では、「『大好き♡』を伝える1秒テクニック」などをご案内。無理せず、家事の「ついで」にできる愛情表現を紹介していますので、ぜひご覧くださいね。

シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ