2020年9月18日

手作り知育玩具で、入れたり出したりが大ブーム【ももろの子育てもろもろ日記・57】

シェア
ツイート
ブックマーク

昨年ママになった、イラストレーターで絵本作家のももろさん。はじめての育児は戸惑うことも多いけれど、小さな気づきがいっぱい! そんな子育ての日々をイラストとともにつづります。

【vol.57】入れるの大好きブームがやってきた!

 

1歳になってから、入れるの大好きブームがやってきました。おもちゃ箱からおもちゃを出したと思ったら入れたり。洗面器にボールを入れてぐるぐるかき回したり。それを見ておもちゃを作ってみました。100均で揃うもので、定番の知育玩具「ポットン落とし」です。ネームプラタグを入れてみたり、加えてタピオカストローを半分にしたものをあげたら密閉容器の穴から一生懸命入れていました。

「入れるの大好き」は加速し、大人の口の中におやつを入れたり、洗濯カゴの穴の間からネームタグを入れたり。ゴミ箱におもちゃを入れているのを発見したことがあるので、この時期になくなったおもちゃはこれのせいかも……。ゴミ箱のなかをチェックするようになりました……。

蓋を外して置いておくと、自分でなかみを出して入れて、を延々繰り返していました。その真剣さを見ていると、やりたい時期にはやりたいことを夢中でやれるような環境を、なるべく作ってあげたいなあと思います。

 #1歳

「ももろの子育てもろもろ日記」連載一覧はこちらから

手作り知育玩具で、入れたり出したりが大ブーム【ももろの子育てもろもろ日記・57】の画像2ももろ
イラストレーター、絵本作家。笑い声が聞こえてくるような生き物の動きや、楽しくなる色の組み合わせを大切に、ストーリー性のあるイラストを制作。主な作品に『おふろにジャブン 1、2、3!』(小学館)、『ハッピーとラッキーのどうぶつえん』(教育画劇)、『サンタさんまだかな』(あかね書房)など。 https://momoro66.com

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ