2020年9月30日

食べる量が私より多くなった小5と小3の兄妹。日々の食卓をご紹介【holiday・堀出美沙さんちの食卓・1/我が家のごはん日記】

シェア
ツイート
ブックマーク

 忙しいママにとって、日々の家事の中で悩ましいのがごはんのこと。適度に手を抜きたいけれど、家族には栄養のあるものをバランスよく食べてもらいたい。では、食にかかわるお仕事をしているママたちは、家族のごはんをどうしているの? 

今月の担当はクリエイティブユニットholidayさん。「食とデザインとアート」をテーマに活動する、堀出隼(ほりでじゅん)さんと堀出美沙(ほりでみさ)さんご夫婦です。小5男の子と小3女の子の4人家族の食卓をご紹介いたきます。

holidayさんちの食卓 #week1

初めまして。holidayの料理担当、堀出美沙です。普段は食とデザインにまつわるいろいろなお仕事をしながら、住まいのある葉山でホリゾンタルという食堂を経営しています。小5と小3の兄妹の子育て中なので、ご飯の量がだいぶ増えている我が家の食卓を4週にわたってお伝えします。

<月曜日・朝>

小5、小3の子どもたちがいる朝御飯はお洒落さとは無縁で、常に時間との闘いです。ご飯を食べながら忘れ物はないか、今日の夕方はお友達と遊ぶのかどうかの確認をしたりと、のんびりさせてあげられなくてごめんね~と心では思いながらの朝御飯タイムが日常です。

朝はパンを食べることが多いのですが、昨晩急に近所のお友達と集まる予定ができたため、余ってしまった昨夜の玄米ごはんと焼鮭でぱぱっと梅昆布茶漬け。

妹はそこにたらこをプラス。普通のお茶ではなく、梅昆布茶を使うとお茶漬けの素や出汁の必要がないので便利です。

いつもの人気メニューの納豆オムレツも添えてボリューム満点朝御飯でした。(オムレツは卵4つ分、中に納豆1パック分が入っている大きなオムレツで、これを食卓で4つに切り分けて各自お皿に取ります。いつも中の納豆の量でどの部位を取るか話し合いが始まります)。

今日はボリューム満点な朝御飯でしたが、食べる量が私より多くなった兄妹。これくらいがちょうどよかったよ~と学校から戻って教えてくれました。

<月曜日・夜>

私の実家のある箱根の父は、定年後から畑を始めてもう10年以上たちます。いつもいろいろな野菜を送ってくれ、こちらが実家へ帰るときは、子どもたちと畑を手伝ったりしています。今回は収穫後寝かせていたジャガイモと、玉ねぎをたくさんおすそ分けしてくれたので、母から伝わる我が家のポテトサラダを作りました。

子どもたちも大好きな畑。周りに山しかないのでとても気持ち良いです。

ジャガイモは洗って皮付きのまま、にんじんも皮付きのまま柔らかくなるまで茹でます。そこに卵も一緒に入れて茹で卵も作ります。15分から20分で火が通るので、ざるに上げて皮をむきます。にんじんは縦ではなく横方向に包丁をあてると薄い皮だけがするっとむけます。ジャガイモとにんじんは銀杏切りにします。玉ねぎはスライスして水にさらし、水を絞って加えます。たまごはお好みの大きさに切り、酢、塩、胡椒、マヨネーズで味付けをします。

ポイントは、材料を1つのお鍋で茹でて洗い物や時間を短縮していること、皮むき器で剥くより簡単ににんじんの皮がむけること、ジャガイモを潰さず切るとジャガイモ感がより味わえてボリュームが出るところです。父は絶対にお醤油をかけて食べるので、今晩はじいじ流に食べてみると息子。すごい合う~とのことでみんなお醤油をさっとかけていただきました。

2品目は私流無限ピーマンと、週末に作っておいた簡単鶏ハム。鶏ハムは、鶏むね肉が安い時にまとめて作ると1週間のおかず作りが楽になります。お鍋に入れておけばできるとか、オーブンに入れるだけとかそういうのが好きです。

私はお赤飯がすごく好きなのでお祝いの時以外にもたまに作ります(家族はそこまで好きではないらしいです)。お赤飯は大変とか難しいというイメージがあるかもしれませんが、自分流の分量さえ身につけてしまえば気軽に作ることができます。

今日はお米を研いで、小豆を煮る工程で約30分、炊飯に1時間でした。これを教えてくれたのも母。母は偉大ですね!と、今夜は私の実家、箱根の話をしながらの夕飯でした。

<火曜日・朝>

今日の朝御飯は、ハムチーズパンとコーンスープ、フルーツです。

コーンスープはコーヒーを淹れている間に5分ほどでできてしまう即席コーンスープです。コーンクリーム缶とそれと同量の豆乳、粒コーン缶と塩少々をお鍋に入れて温めたら出来上がり。お好みで牛乳でも構いません。子どもが大好きなコーンスープ、お湯を注ぐ粉末のものもありますが、これも本当に簡単で、チャチャッと作れます。豆乳は温めるとくせがなくなり飲みやすいのでオススメです。我が家ではクリームパスタも豆乳で作ったりします。
チーズトーストはお好みでマヨネーズをかけて。
妹はお腹いっぱいでパンの端を残していましたがお兄ちゃんは完食でした。 

<金曜日・朝>

毎朝起きてすぐにすることと言えば、私の場合はコーヒーを淹れることです。とにかくコーヒー好きなので、毎朝寝起きで1リットル近いコーヒーを淹れます。ケメックスはこの持ち手付きのタイプが気に入っていて、前に1つ割ってしまったのでこちらが2代目です。

うちのキッチンは朝日が気持ち良いので、ぼーっとコーヒーを淹れながら目覚めていく感じが気持ち良いです。コーヒー豆は数年前からお気に入りの鹿児島のVOILAコーヒーのものを使っています。どの種類のコーヒー豆を使ってもロースト加減がまさにタイプです。最近は息子もコーヒー好きになり、もちろんミルク入りなのですがまさかの無糖派でびっくりしているところです。

私がキッチンに立つといつも来てくれる愛犬ぶんちゃん。朝も大体同じ時間に起きてくれます。

今日はツナマヨが食べたくなったので、各自で挟むお好みサンドイッチに。ツナマヨの玉ねぎ、普段はみじん切りにします。が、時間短縮のために今日はスライスで。

用意したのはハム、茹で卵、ツナマヨです。結局みんな全種を挟みました。

パンの切り方もお好みで。玉ねぎのシャキシャキがすごくいいよ~と言われたので、もうツナマヨはこれが定番になりそうです。

<土曜日・昼>

平日は学校と仕事場とで別々に食べているお昼ご飯。今週末は4連休でお店をオープンさせているので、今日は久しぶりにお店でランチです。お店とはいえ、自分たちのお母さんが作っているご飯だと私は思うのですが、やっぱり違うらしく、いつも楽しそうに注文してくれます。

今日はバターチキンカレーの唐揚げ添えという、お店の人気メニューをいいとこ取りしたプレートのご注文でした。朝からラッシーを飲んだり自家製のぶどうソーダくださいと言われたり、仕込みをしながら付き合うのは大変ですが、自分には家の他にお店という別の場所があっていろんな人とお話ししたりできるんだーと自慢気に思っているようなので、仕事についてきてくれるうちは多少のわがままは聞いてあげようかななんて思っています。

holiday
ホリデー/アートディレクターの堀出隼と料理家の堀出美沙から成るクリエイティブユニット。”make everyday happy(毎日を楽しく)” をコンセプトに、アート&フードディレクション、ケータリング、空間演出、ディスプレイ、イベント企画、オリジナルグッズプロデュースなど「食とデザインとアート」を中心に活動中。2018年1月に葉山町一色にデイリーキッチン&アトリエ「HOLIZONTAL」をオープン。
http://we-are-holiday.com/ 
instagram / @weareholiday @holizontalhym
シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ