「作り置き、意外と大変!」問題を解決 すぐデキ! 晩ごはん 後編
2018年11月26日

「作り置き、意外と大変!」問題を解決 すぐデキ! 晩ごはん 後編

シェア
ツイート
ブックマーク

「作り置き」って、やってみると意外に時間と気合が必要だったりしますよね。だからと言って、家事&育児に疲れた夕方に、晩ごはんを一から仕込むのも大変。そんなママに、切って蒸す&煮込むだけで絶品に仕上がる、あったかレシピをご紹介!(kodomoe2016年12月号掲載)
撮影/砂原文 スタイリング/河野亜紀

教えてくれたのは
野口真紀さん
のぐちまき/料理研究家。子どもが喜ぶ家庭的なレシピに定評がある。二児のママ。著書に『きょうのごはん』(主婦と生活社)など多数。

 

定番の鶏×トマトの組み合わせが、たった10分でごちそうに
カチャトーラ(鶏のトマト煮)

蒸し時間

10分

材料(4人分)

鶏もも肉…3枚
玉ねぎ…1個
にんにく(みじん切り)…2片分

A タイム(ドライでも可)…3枝
 ブラックオリーブ(あれば)…10個
 トマトピューレ…1箱(200g)
 ケッパー(あれば)…大さじ2
 酢…1/3カップ

塩・こしょう…各適量
オリーブオイル 大さじ2

作り方

1. 食材を切る
鶏肉は半分に切り、塩、こしょうを振る。玉ねぎは薄切りにする。

2. 肉を焼く
フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、鶏肉を両面こんがりと焼き、取り出す。

3. 煮込む
2のフライパンにオリーブオイル大さじ1を足し、玉ねぎ、にんにくを入れて炒め、鶏肉、A、塩小さじ1/3(分量外)を入れて煮立てる。蓋をして弱火で約10分煮込む。塩、こしょうで味をととのえる。

POINT

酢やケッパーの酸味でコクが生まれる。トマトを煮詰めてあるピューレは煮込み時間が短くても味が決まる優秀食材。

 

これ1品で大満足のボリュームうどん
みそ煮込みうどん

煮込み時間

10分

材料(4人分)

ゆでうどん…3〜4玉
豚こま切れ肉…200g
白菜…1/8個
かぼちゃ…1/6個
長ねぎ…1本
しいたけ…4枚
油揚げ…1枚
だし汁…6〜7カップ
みそ…大さじ4〜5
しょうゆ…大さじ1/2
七味唐辛子…適宜

作り方

1. 食材を切る
白菜はざく切り、かぼちゃは小さく切る。長ねぎは1㎝幅、しいたけは薄切りにする。油揚げは熱湯でさっとゆでて縦半分に切ってから2㎝幅に切る。

2. 野菜を煮る
鍋に1、豚肉、だし汁を入れて煮立て、アクを取る。蓋をして野菜がやわらかくなるまで煮る。

3. うどんを加える
2にみそを溶き入れ、うどんを加えて煮る。しょうゆで味をととのえる。器に盛り、好みで七味唐辛子を振っていただく。

POINT

うどんは乾麺ではなくゆで麺を選べば、煮込み時間の短縮に。野菜は必ず小さめに切って、火の通りをとことん早く!

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ