2018年11月22日

「作り置き、意外と大変!」問題を解決 すぐデキ! 晩ごはん 前編

シェア
ツイート
G+
ブックマーク

「作り置き」って、やってみると意外に時間と気合が必要だったりしますよね。だからと言って、家事&育児に疲れた夕方に、晩ごはんを一から仕込むのも大変。そんなママに、切って蒸す&煮込むだけで絶品に仕上がる、あったかレシピをご紹介!(kodomoe2016年12月号掲載)
撮影/砂原文 スタイリング/河野亜紀

教えてくれたのは
野口真紀さん
のぐちまき/料理研究家。子どもが喜ぶ家庭的なレシピに定評がある。二児のママ。著書に『きょうのごはん』(主婦と生活社)など多数。

 

短時間で、さつまいもの甘みと肉の旨味を引き立てる「蒸す力」
れんこんとさつまいもの重ね蒸し

蒸し時間

15分

材料(4人分)

豚バラ肉(薄切り)…200g

A 甜麺醤…大さじ2
 豆板醤(辛みがあるのでお好みで)…小さじ2
 しょうゆ・ごま油…各大さじ1
 にんにく・しょうが(すりおろし)…各1片分 

さつまいも…1/2本
れんこん(細)…10㎝
万能ねぎ…10本

作り方

1. 肉に下味をつける
豚肉は4㎝幅に切る。ボウルにAの材料を入れてよく混ぜ、豚肉を加えてさらによく混ぜ合わせる。約10分ほど置いて味をなじませる。

2. 野菜を切る
肉に下味をつけている間に、さつまいも、れんこんは5㎜幅に切る。万能ねぎは3㎝幅の斜め薄切りにする。

3. 蒸す
耐熱皿に肉、れんこん、さつまいもを交互に並べる。フライパンに皿ごと入れ、熱湯を注ぎ蓋をして中火で約15分野菜がやわらかくなるまで蒸す。仕上げに万能ねぎを散らす。

フライパンに皿ごと入れたら、皿に湯がかからないように熱湯を注ぎ、蓋をして蒸す。蒸し器がなくてもこれで簡単に蒸し料理ができる。

POINT

肉に味をなじませている間に野菜の準備をする。野菜はなるべく薄く切ると短時間でも火が通ってほくほくに。

 

炒める→蒸すの手順で、かたまり肉もあっという間にやわらかく
あさりと豚バラのフライパン蒸し ポルトガル風

蒸し時間

10分

材料(4人分)

あさり…300g
豚ロース(かたまり)…400g

A パプリカパウダー(あれば)…大さじ1
 白ワイン(または酒)…大さじ3
 にんにく(すりおろし)…1片分
 塩・こしょう…各適量

にんにく(みじん切り)…1片分
オリーブオイル…大さじ3
香菜…適宜

作り方

1. 肉に下味をつける
あさりは砂出ししておく。豚肉は一口大に切ってボウルに入れ、Aの材料を加えてもみこむ。約10分置いて味をなじませておく。

2. 炒めて蒸す
フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて火にかけ、香りが立ってきたら、豚肉を入れて全体を炒め、あさりを加えて蓋をして約10分蒸し煮する。

3. 仕上げる
塩、こしょう(分量外)で味をととのえ、好みで香菜を散らす。

POINT

フライパンで炒めることで、かたまり肉を使っても火の通りが早くなる。パプリカパウダーは手軽にコクを出せる。

 

たらは塩、こしょうだけでおいしくなる
たらとじゃがいもの洋風蒸し

蒸し時間

10分

材料(4人分)

たら(切り身)…4切れ
じゃがいも…2個
トマト…1個
にんにく(みじん切り)…2片分
イタリアンパセリ(またはパセリ)…適宜

A オリーブオイル…大さじ2〜3
 塩・こしょう…各適宜

作り方

1. 魚に塩を振る
たらは半分に切ってキッチンペーパーで水けを拭き取り、多めの塩(分量外)を振って、約10分置く。

2. 野菜を切る
魚に味をなじませている間に、じゃがいもは5㎜幅に切る。トマトとパセリは粗く刻む。

3. 蒸し煮にする
厚手の鍋に、再度ペーパーで水けを拭き取ったたら、じゃがいも、トマト、にんにくの順に2回繰り返して重ね、Aをかける。蓋をして約10分、じゃがいもがやわらかくなるまで蒸し煮にする。

4. 仕上げる
器に盛り、オリーブオイル、塩、こしょう(分量外)を回しかけ、好みでパセリを散らす。

シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ