2021年9月4日

1キロつくっても完食!スぺルト100%で作る、我が家のナポリ風ピザ【日登美のタベコト in Berlin・5】

シェア
ツイート
ブックマーク

ベルリン在住で6人のお母さん。モデルとして活躍する傍ら「台所から子育て、暮らしを豊かに」をコンセプトに、オンライン講座とウェブサイトを主催している日登美さんによる、「食」からはじまるエッセイ、第5回です。

うちの夫はピザマスター

我が家は滅多に外食をしません。人数が多いからめんどくさい、とか結局自分で作ったものが一番美味しいとか(自慢か!)いろいろあるのですが、ピザはやっぱりレストランで食べたいよねぇ、という思いまでが払拭された今日この頃。というのもうちの夫、めちゃくちゃピザ作りがうまいのです。もうこれを食べたら外で食べられないってくらい。はい。また自慢ですね(笑)。

実は以前、セバ納豆(納豆好きの夫の名前をつけた)の話を書いたと思うのですが、その話をしたら「もっとかっこいいコト書いてよ」と言われまして。今回は「ピザマスター」ということで再登場。……というのが裏話です(笑)。

我が家は小麦粉製品は全てスペルト小麦にしていて、それですこぶる体調がよいのです。なんでも、アレルギーの原因となる成分が少ないとか、オーガニックで栽培しやすいとか、とにかくいろいろいいことがあるスペルト。ドイツでもとっても人気です。ただ、グルテンが少ないので、パン作りなどはちょっと難しいのですね。けれど、そのスペルトを100%使って作るのが、我が家のナポリ風ピザ。

我が家のマルゲリータ、端まで美味しいんだから! ちなみに子どもはバジルをつまみ出す……

材料はHefe(ヘフェ)と呼ばれる生のイースト、スペルト、水、塩だけで作った生地に、トマトソー ス、オリーブオイル、パルメザンチーズ、モッツァレラ・ブファーラ、バジル。全てオーガニックで揃えてもレストランで食べるよりうんと安い(笑)。しかも、こういうシンプルなものが子どもって好きですよね。下手におしゃれな食材を使ってみても、わざわざ乗せた具をことごとくつまみ出してよけているという……。だからこそ、質の良い食材を買って、お家でシンプルなものを食べるって意外といいもんですよ。親も子もストレスが少なくて(笑)。

生地は毎回1キロが基本。それでも完食。儚い…

ともあれ、あまりにも食べたすぎて、子どもたちはオーブン前に座り込む始末(笑)。ストライキですか?と問いかけたくなるのをグッと堪えて7分待ちます。そして完成。 名付けて「セバピザ」。結局セバ納豆と変わらず、かっこよくはならなかったみたいです。

オーブンに釘付けの子どもたち。ほんと子どもって、ピザが好きですねぇ。

日登美/ひとみ
3男3女6児の母。10代よりファッションモデルとして雑誌、広告等で活躍。その後自身の子育てから学んだ、シュタイナー教育、マクロビオティック、ヨガなどを取り入れた自然な暮らしと子育てを提案した書籍、レシピ本など多数出版。現在はモデルとして活躍する傍ら、オーガニック、ナチュラル、ヘルシーをモットーに、食、暮らしと子育てのワークショップ、オンライン講座などを行う。

台所から子育て、暮らしを豊かに。「Mitte(ミッテ)
instagram / @hitomihigashi_b

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ