2018年3月6日

vol.17 おいしいお仕事体験♪ピザアカデミー

シェア
ツイート
G+
ブックマーク

kodomoe2018年4月号では、仕事や社会の仕組みを遊びながら学べる
「キッザニア東京」をレポートしました。
本物さながらの街を2/3サイズに縮小した「キッザニア」から、
今度は本物のお店での体験をしてきました。

やってきたのは、おなじみ「ドミノ・ピザ」。
ドミノ・ピザでは「ピザアカデミー」と銘打って、
子どもたちや大人も、お店でピザを作らせてもらえるのです。
わが家の最寄りのお店に、開催時間などを問い合わせて予約しました。
休日の、お店がオープンする前の時間を使って、お友達と一緒に体験することに。
親子ペアで参加出来る「ファミリーコース」は3千円。
これでMサイズのピザを2枚作ることができます。

当日はやさしいスタッフのお姉さんが、つきっきりで指導してくれました。
まずは生地を伸ばすところから。
コツを教えてもらい、まあるく伸ばしていきます。
原則年少さんから参加でき、子どもたちは年中のおわり。
時々手伝えば、ほぼ自分で作業することができました。
なんといっても楽しみだったのが、具のチョイス。
チーズと一緒で、好きなものをのせ放題。
あまりのせすぎると十分に火が通らなくなってしまうと言われ、
大人はおっかなびっくり。
確実においしく……となると好みのものに偏って、あまり冒険できません。
子どもらは一切とらわれず、もりもり自由にトッピング。
これを数分ほどかけてコンベア式のオーブンで焼き上げます。

オーブンから出てきたピザは普段見るそれよりだいぶ高さがあり、
ボリューム満点で実においしそう。
最後には「認定書」がもらえます。
これは何度でも使えるポテトのSの無料券になっていて、
期限は「大人になるまで」(それっていくつ?)!
入店してから、全部で45分ほど。
お店いっぱい自由に使わせてもらい、
じっくり取り組むことができました。
子どもたちは思う存分好みのピザを作ることができて、大満足。
今までも家でトッピングだけをしたことはあるけれど、
制服を着てきちんとお店で作る体験はとても貴重でした。

ピザを持って、近くの原っぱ公園でピクニック。
ああ、できたてって、なんておいしいの。
みんなで作ったものを分け合って、たくさん食べた……いところだけど、
お店のものより具もチーズの量もかなり多いので、
すぐにお腹がいっぱいになってしまいまいした。
持ち帰ってオーブンで焼きなおし、翌日もおいしく食べました。
おなかも達成感も満たされて、楽しい休日になりました。

マクドナルドの「マックアドベンチャー」や、
ユニクロの「はじめてのコーディネート体験」など、
店舗での子ども向けプログラムを実施している企業はいくつかあるので、
また体験したいなぁ。

ドミノ・ピザ ピザアカデミー
※各店舗へ直接問い合わせ。一部開催していない店舗もあり。
問い合わせ 0120-838-204(11:00〜20:00)
料金 2000円、保護者1000円
http://www.dominos.jp/relational/school/

☆☆☆☆☆☆ NEWS この連載が本になりました!☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
『おやこデート こどもと楽しむおでかけガイド』好評発売中!
WEB版では、鎌倉・江の島、浅草ほか、よりぬきおさんぽコースもご紹介しています。
詳しくはこちら→WEB版「おやこデート」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

PROFILE
杉浦さやか Sayaka Sugiura
1971年生まれ。日本大学芸術学部卒業。在学中よりイラストレーターとして仕事を始める。 著書に『えほんとさんぽ』『おさんぽ美術館』『おきにいりと暮らすABC』『おやこデート』(白泉社)『世界を食べよう! 旅ごはん』『すくすくスケッチ』(祥伝社)ほか多数。「月刊MOE」「kodomoe」をはじめとする雑誌や、書籍など多方面で活躍。現在、5歳の娘・蕗と夫と3人で東京に暮らす。

杉浦さやか新刊プロジェクト(祥伝社)
http://www.shodensha.co.jp/ssp/

杉浦さやかTwitter
https://twitter.com/saa_aya

シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ