2019年3月4日

第八回 「パパパパパイン☆海老塩いっぱいん」

シェア
ツイート
G+
ブックマーク

みなさまこんにちは! (・∀・)
いつも御覧いただいてありがとうございます!

ラーメン連載を始めさせていただいて良かったこと。
お友達から続々と「ラーメンクチコミ」をいただける!
おいしそーなラーメン情報をありがとう!
テレビを観ていても雑誌を見ていても
世の中にあふれる、興味深い一杯!
行きたいところで満載です♪

今日はお友達から教えてもらえたお店。
「ぜひ!」と連れて行ってもらいました!

パイナップルラーメン屋さんです!!

え。(・Д・)
パイナップル×ラーメンって?
大丈夫なの? 合うのー? とドキドキ!
お店の前に掲げられていた看板には

「ラーメンとパイナップルが大好きだから
 ラーメンの中にパインがはいっても
 いいんじゃない?」

迷える私に店主さんから直接、そう
語りかけられているようじゃない?

「いいんじゃない?」答えながら、入店!

入り口の入ってすぐのところには券売機。

え。(・Д・)
パイナップル×ラーメンだけでも衝撃なのに、その上
限定でチョコレート×パイナップル×担々麺ですって!?
限定トッピングには、チョコワンタン?

・・このお店のチャレンジ精神に入店数歩でノックアウト笑
はじめて、私、はじめてなのでまず今日のところは

「海老塩いっぱいん」で!
「いっぱいん」=「全部のせ」のパイン用語なようです。
「いっぱい」のパイン的なダジャレ。
好きな感じ!  笑

アロハなハワイアンミュージックがまったりと流れる店内。
お店のインテリアも凝っていて、そこかしこに
いったいどこからこんなに、というほど

パイナップルグッズが!

かわいい♪

トロピカル♪

と、キョロキョロしていたら
やってきました! 「海老塩いっぱいん」!

香りやスープは、パイナップルがガツン!
かと思いきや、海老の風味がいっぱいん♪
パインは・・ありました。トッピングのような位置付けで!

甘酸っぱいん♪
甘すぎないからいいアクセント。
うん。ラーメンの中に、いてもイイ!

またまた麺上げ写真がブレブレですが・・
麺は細麺。ツルツルと食べやすい♪

細麺の海老塩ラーメンに、ほんのり甘いパイン。
フンワリとした雰囲気を漂わせるなか
ここでいきなりガツン! と

ドシン! と食べ応えの
ガッツリチャーシュー!

デカい。ダイナミック!
甘みのあるパインとの対比がイイ!

さらに、これまで見たこともなかった
「真っ黄色」の味付け卵、「パイン玉子」は

中を開けると絶妙なトローリ!!
食べるとキミが・・
アマーーーーーイ!
スピードワゴン井戸田さんのような
伸びやかな声を出しました、心の中で。

先に食べていたお友達が教えてくれていた通りだった。
「この卵は甘いから、佳恵は甘いのがそれほど得意じゃないんだから
 最後に食べる食材として、チャーシューのかけらでも残しとけ」

なんて具体的かつ的確なアドバイスなんでしょう笑
ありがとう。ホントだ! 甘い味付け卵だ!
ほのかにパインの香りも感じるよーな。
甘い卵。これはこれでおいしい♪けれど私は
シメは男前でいきたかったので、
素直に助言を聞き入れていて

良かった♪(´∀`)

海老の香りがおいしいスープを飲み進め
食事をガッツリと終えようとした、その寸前。

最後の最後で

パイン発見。笑
結局は、パインによる
「ほんのり甘酸っぱいん」で
 シメることになりましたー!

最後にすべてを持っていくなんて。
パイン・・おそろしい子! (月影先生)

メニューも店内もこんなにパイン推しななか
面白いのは店員さんが着ているTシャツは

「NO PINE」であったこと。笑

理由を聞くと、すぐ近くに「塩ラーメン」専門店ができ
「これは塩ラーメン屋さんで着る制服なんです」とのこと!

しかしその塩ラーメン屋さんでは、さらにこの春に開店予定の
「醤油ラーメン」専門店の宣伝を兼ね、ただいま制服が
「NO SHIO」のプリントで背番号が「40」とのこと。

ややこしくね? 笑

パインで「81」
お塩で「40」。つまりこのお店は
実力とユーモアを兼ね備えたお店ということでした!

「ちゃんとしっかりおいしい」からこそできる、冒険♪

ちなみに冒頭の「限定チョコラーメン」に「限定チョコワンタン」。
「食べてみないことにはわからない!」と思い、このあとすぐ
再びお店へ出向いて、いただいてきました! (・∀・)ノ

ブログに掲載しています。良かったら・・
未開の地へ、文章だけでもぜひ笑

https://ameblo.jp/okuyama-yoshie/entry-12442388860.html

「未体験」を恐れることなく
これからも突き進んでモグモグします。
そこに「食べてみたいラーメン」がある限り!

そして自分から、積極的にハマりにもいきます。
そこに「顔はめパネル」が「どうぞ」と設置されている限り!

おいしい、甘酸っぱい初体験。
ごちそうサマでした♪

おくやまよしえ(女優・タレント)/東京都生まれ。1992年、映画「喜多郎の十五少女漂流記」でデビュー。2001年に結婚。翌年、長男を出産。現在は2児の母。NHK「すくすく子育て」、TBS系ドラマ「キッパリ!」主演を経て、テレビ、ドラマ、雑誌などで活躍中。特技はイラストを描くこと、手芸。
ブログ 奥山佳恵のてきとう絵日記

シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ