2020年5月26日

コトバがおそいと気になるケド……【菊田まりこの子ども是好日・4】

シェア
ツイート
ブックマーク

コトバがおそいと気になるケド……【菊田まりこの子ども是好日・4】の画像1
言葉がスラスラと出てくるまでには、個人差があるなって思います。
言葉に限らず、子どもは、できなかったことができるようになる、それぞれの
「その時」というのがあるようです。それが、いつ?……って、親にも読めない。
ただ、振り返ってみれば、それは「その子にとって、それが必要になったとき」。
結局、親にできることは、子供の成長する力を信じてあげること。
本当にそう思うのです。だって、それが今もなお(長男は大学生)続く、
いえ、ずーっと繰り返し続く、親のクエスト。だから……気長に気楽に見守りましょう。

菊田まりこ
きくたまりこ/絵本作家。絵本『いつでも会える』でボローニャ国際児童図書展で、ボローニャ児童賞・特別賞を受賞。絵本に『ゆきの日』(白泉社)『ひとつぼし』(学研プラス)『月のしずく』(WAVE出版)、育児エッセイに『だっこしておんぶして』『君へのてがみ』(角川文庫)、翻訳を手がけた絵本『わたしのそばできいていて』『おばあちゃんのおくりもの』(WAVE出版)など。 
http://kikutamariko.jp

キーワード:
シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ