2022年1月7日

「ゴロゴロネムリ」受賞作発表!【ひろたあきらのお絵かき生きもの図鑑・11】

よしもとのお笑い芸人で絵本作家のひろたあきらさんとkodomoe編集部が、読者のみなさんと一緒に作っていく連載「絵本芸人・ひろたあきらのお絵かき生きもの図鑑」。今回は「ゴロゴロネムリ」の受賞作品の発表です!

ゴロゴロネムリの受賞作品を発表します!

第9回目の受賞作品の発表です! お題は「ゴロゴロネムリ」。どんな生きものかは、みなさんの想像で描いていただきましたが、たくさんの「ゴロゴロネムリ」を投稿いただきました。ありがとうございました!! ひろたあきらさんとkodomoe 編集部の厳選なる審査の結果、受賞作品が決まりました。

まずは動画をご覧ください! 各受賞作品の発表、そして各作品にひろたさんからのコメントがあります♪

では、グランプリ作品をご紹介します!

ひろたあきらさんと編集部が選んだ、「ゴロゴロネムリ」のグランプリはこちらです。

ひろたさん「人の住んでいない家の屋根裏部屋にいて、寝ている。そして人が来ると起きて引っ越して寝る……。基本、寝ている感じですね(笑)」
編集部「食べものが、ホコリ、ごみなんですね。お部屋がきれいになりそう。うちにも来てほしいです!」
ひろたさん「真ん中に描かれているのが虹色だから、暑くて寒い時のゴロゴロネムリなんですね。プーピトヤーって鳴き声もまたいいですね。そして手にも顔がある⁉ もう魅力しかない(笑)。素晴らしい生きものですね」
編集部「民話に出てくるキャラクターのようで、とても独創的です。れいくんちゃんちゃん、おめでとうございます!」

ひろた賞、優秀賞(5名)は動画でご覧ください!

ひろたあきらさんが注目した作品「ひろた賞」、ほか優秀賞は5名。どの「ゴロゴロネムリ」も力作です。住んでいる場所や食べ物、鳴き声などの特徴も、オリジナリティーあふれていて、みなさんの豊かな想像力に圧倒されます。動画では、ひろたさんが、1作品ずつ素敵なコメントをつけていますので、ぜひご覧ください!

受賞されたみなさま、おめでとうございます!

次回のテーマ「ミライニンゲン」についても、たくさんのご応募ありがとうございました。ただいま、ひろたさんとkodomoe編集部で審査中です。結果発表は3月1日(火)の予定。どうぞお楽しみに!

ひろたあきらさんのインタビューを公開中! 
ひろたあきらさんインタビュー「絵本のこと、お笑いのこと、子どもたちのお絵かきのこと」

ひろたあきら
1989年愛知県生まれ。吉本興業所属のお笑い芸人。ライブなどで活動するほか、絵本を用いたワークショップや読み聞かせ会を積極的に行う。2019年に初の創作絵本『むれ』(KADOKAWA)を発表し、「MOE絵本屋さん大賞」の新人賞を受賞。また、未来屋書店内の書店員が選ぶ「第3回 未来屋えほん大賞」の第3位も受賞し、ファンのみならず、書店関係者からの信頼も厚い。2021年4月に新作絵本『いちにち』(KADOKAWA)を刊行。

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ