2019年9月25日

マカロニサラダを混ぜ混ぜ。次女もそろそろ料理デビューかな【我が家のごはん日記/潮田彩さんちの食卓・3】

シェア
ツイート
ブックマーク

忙しいママにとって、日々の家事の中で悩ましいのがごはんのこと。適度に手を抜きたいけれど、家族には栄養のあるものをバランスよく食べてもらいたい。では、食にかかわるお仕事をしているママたちは、家族のごはんをどうしているの? 

リアルな食卓を写真でレポートする連載、東京・小金井市で子ども向けの料理教室「もぐもぐ子ども調理室」を主宰、講師を務める潮田彩さんの3回目。日々、教室の運営で大忙し、プライベートでは6歳、2歳の姉妹のママ。そんな潮田さんちの食卓を写真満載でお届けします♪

潮田彩さんちの食卓 #week3

<火曜日・朝>

マカロニサラダを混ぜ混ぜ。次女もそろそろ料理デビューかな【我が家のごはん日記/潮田彩さんちの食卓・3】の画像1

ホットサンドが気に入った姉と、トマトが嫌いな妹は頑なにチーズパン。キウイが大好きでバナナが苦手な姉と、バナナが大好きでキウイが苦手な妹。姉妹ってこんなもんですかね。

<水曜日・昼>

マカロニサラダを混ぜ混ぜ。次女もそろそろ料理デビューかな【我が家のごはん日記/潮田彩さんちの食卓・3】の画像2

いつもの、近くのお弁当屋さんのお弁当。今日のメインはサワラ。それにかぼちゃの煮物、きのこの炊き込みごはん。秋を感じられてうれしい。

<水曜日・夜>

マカロニサラダを混ぜ混ぜ。次女もそろそろ料理デビューかな【我が家のごはん日記/潮田彩さんちの食卓・3】の画像3

生姜焼きとマカロニサラダ。

生姜焼きのお肉は弱火~中火くらいの火でゆっくりやわらかく焼きます。生姜焼きのときは漬け込まずに、タレはお肉を焼いてから後入れにして、絡めるように仕上げ。マカロニサラダを少し多めに作って、明日のおかず用にも。味つけしてからは長女に混ぜてもらいました。するとやっぱりお姉ちゃんがしていることは妹もやりたいと言い出し交代することに。マカロニサラダはたくさん混ぜてもあまり味が変わらないので、気の済むまで混ぜさせます。自分でやったことは興味もわくし、食べてみようって思うんですよね。次女もそろそろ料理デビューかな。

マカロニサラダを混ぜ混ぜ。次女もそろそろ料理デビューかな【我が家のごはん日記/潮田彩さんちの食卓・3】の画像4

私は、フードスタイリストの飯島奈美さんの世界観が大好き。映画『めがね』のトークライブに行った際にご本人が後ろにいらっしゃって、思わず話しかけてしまったことも。日々の定番と言われる料理をとても美味しく仕上げ、見た瞬間から誰もが「あぁ~食べたい!」と思えるごはん。写真を見るだけでも匂いや味がイメージできるごはん。すごいと思います。私の日々のごはんもそこを目指しています。

<木曜日・昼>

マカロニサラダを混ぜ混ぜ。次女もそろそろ料理デビューかな【我が家のごはん日記/潮田彩さんちの食卓・3】の画像5

買い出しで出かけたので、今日は武蔵小金井駅前の五島うどんのお店「びぜん家」さんでランチしてきました。9月なのにまだまだ暑かったから、さっぱりとした「ぶっかけ梅じそうどん」。つるつるとのどごしがいい五島手延べうどん。少し細めのうどんが好みなので、大好きなお店です。

<木曜日・夜>

マカロニサラダを混ぜ混ぜ。次女もそろそろ料理デビューかな【我が家のごはん日記/潮田彩さんちの食卓・3】の画像6

昨晩作り置きしておいた人参のツナ炒めと、昨日のマカロニサラダの残り、じゃがいもとわかめのおみそ汁。娘がおなかを空かせて習いごとから帰ってきたらすぐに食べられるよう、準備万端に。おみそ汁は朝じゃがいもだけで作っておいて、温めて食べるときに乾燥わかめを投入します。

そしてメインは、母が作った手羽先煮。月に1度、我が家をサポートするために神奈川在住の父と母が来てくれています。そのときに作り置きも一緒に持ってきてくれるので、本当に助かります。母もまだ働いていますが、自身の経験から共働きと子育ての大変さを知っていて、「私もおばあちゃんがいたから働けたしね」と言ってサポートしてくれています。本当にありがたい限り。私も娘たちが家庭を持ったらサポートできるようにしなきゃ。

ちなみに、じゃがいものおみそ汁はおばあちゃんがよく作ってくれて私が好きだったもの。2日目のくたくたになったじゃがいも・わかめが大好きなんだけど、今回は全部飲まれちゃいました。

<金曜日・朝>

マカロニサラダを混ぜ混ぜ。次女もそろそろ料理デビューかな【我が家のごはん日記/潮田彩さんちの食卓・3】の画像7

今日の朝ごはんは昨日のおみそ汁と思っていたけれど完食だったので、作り置きのきんぴらと昨日の手羽先煮の骨を取ったものをあわせて、けんちん汁に。意外にボリュームが出てよかったな。それにしても、うちは手羽先率高し。私が好きなのもあるし、やっぱり骨付きのほうがうまみが出やすい。

<金曜日・夜>

マカロニサラダを混ぜ混ぜ。次女もそろそろ料理デビューかな【我が家のごはん日記/潮田彩さんちの食卓・3】の画像8

ピーマンとじゃがいものチンジャオロース、前日の人参のツナ炒め、きゅうりのナムル。

連日のじゃがいも料理。連続にしなくてもよかったんだけど、仕事中、栄養士のイズミ先生に「今日の夕飯なに?」と聞いたら「チンジャオロース。うちはタケノコではなくてじゃがいもで作るんだよねぇ」と。それを聞いたらどうしても作りたくなって、連日になりました。

そして食後、急に長女が「私、包丁やりたい」と言い出しました。私は基本的に包丁を使うのは小学生からでいいと思っているのですが、長女のやりたいという気持ちを削がない程度に、ちょっとだけという約束でやってみることにしました。

マカロニサラダを混ぜ混ぜ。次女もそろそろ料理デビューかな【我が家のごはん日記/潮田彩さんちの食卓・3】の画像9 マカロニサラダを混ぜ混ぜ。次女もそろそろ料理デビューかな【我が家のごはん日記/潮田彩さんちの食卓・3】の画像10

食後のデザートにキウイフルーツとりんごを切ってみました。初めて包丁を使うときは、まずは切りやすい食材を、切りやすい形にして整えてから、子どもに切らせます。少しずつです。切ったフルーツを自分で盛り付けて食べた娘は、「う〜ん。おいしくてたまらなぁ〜い!」と言ってました。満足で何より。

<土曜日・朝>

マカロニサラダを混ぜ混ぜ。次女もそろそろ料理デビューかな【我が家のごはん日記/潮田彩さんちの食卓・3】の画像11

今朝はホットケーキとキウイフルーツにブラックベリーのジャムを添えて。このジャムは料理教室で助手についてくれているちあきさんのお庭で採れたブラックベリー。ちゃんと裏ごしして種を取り除いてあり食べやすく、贅沢な味わいのお手製ジャムでした。

<日曜日・昼>

今日は、都立武蔵野公園でイベント「むさしのカレッジ」に参加予定でしたが、台風が近づいているということで急遽中止に。残念でしたが、安全第一ですね。開催されていたら「焚き火DEフレンチトースト」を担当する予定でした。アルミカップを使って、焚き火で作るフレンチトースト。キャンプ好きでもあるので、趣味と仕事がリンクするのはうれしいことです。

ということで、残念ながらも、急遽空いた休日にのんびり~。

マカロニサラダを混ぜ混ぜ。次女もそろそろ料理デビューかな【我が家のごはん日記/潮田彩さんちの食卓・3】の画像12

お昼ごはんはハヤシライスとポテトサラダ、とうもろこし。今週はたくさんあるジャガイモ消費週でまたポテトサラダを仕込みました。

<日曜日・夜>

前日は長女の保育園のあきまつりでした。毎年この保育園では、このおまつりで年長さんが青森の荒馬踊り(ラッセラー)を披露します。赤ちゃんのときに入園し、毎年このラッセラーを見て憧れていた娘、とうとう自分の番となりました。8月から練習を続け、緊張してないように見えたのですが、めずらしく妹にきつく当たったりしていて、知らぬ間に感じるものがあったのかな。そういった気持ちの変化も乗り越え、いよいよ本番です。私も直前までなんだか緊張していましたが、見事にやり遂げた娘を見て感動しました。また、「楽しい時間を本当にありがとう」という気持ちに。

マカロニサラダを混ぜ混ぜ。次女もそろそろ料理デビューかな【我が家のごはん日記/潮田彩さんちの食卓・3】の画像13

そこで今日の夕飯は、頑張った娘のリクエストで「くら寿司」へ。なんだか写真が私が好きなえびとパパが好きなサーモンしか写ってない。ほかにもいろいろ食べましたよ。

今週のごはんもスライド方式のごはんとなりました。昨日と同じでも、1品あるとないとではメニューを決めるのに気持ちが違いますよね。ただし、たくさん作り置きしても消費しきれないときもあるので、だいたい2日か3日で食べきれる量にしています。うちは、野田琺瑯の容器をストック用に使っているので、作るときにもこの容器の1杯分の目安で作っています。

潮田彩さんちの食卓一覧はこちら

マカロニサラダを混ぜ混ぜ。次女もそろそろ料理デビューかな【我が家のごはん日記/潮田彩さんちの食卓・3】の画像14潮田 彩
ウシオダアヤ/アヤキッチン合同会社(東京都小金井市)代表。調理師免許・日本料理専門調理師調理技能士取得。ホテルをはじめとした調理場経験、調理師専門学校での教員及び教務主任を経て、親子・子ども向けの料理教室「もぐもぐ子ども調理室」を立ち上げる。2017年4月にキッチンスタジオをオープン。夫はイラストレーターのウシオダヒロアキ。6歳・2歳の姉妹の母。

「我が家のごはん日記」これまでの連載一覧を見る

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ