2018年1月25日

ママがひとときラクになる絵本カタログVol.1 〜子どもがひとりでも楽しめちゃう絵本〜

シェア
ツイート
G+
ブックマーク

ママだって、ときには一息つきたいし、自分のために時間を使いたい。絵本はママのそんな願いも叶えてくれる、頼もしい存在。Vol.1では「子どもがひとりでも楽しめちゃう絵本」を紹介します。探して解いて、たどって、遊んで。きっと、子どもの”夢中”を引き出してくれるはず。(kodomoe2017年4月号掲載)
撮影/岡森大輔 編集協力/加治佐志津

2歳〜

お買い物の楽しさを疑似体験
『ピヨピヨ スーパーマーケット』

工藤ノリコ/作
佼成出版社 本体1300円+税
ピヨピヨたちがママとスーパーでお買い物。棚にずらりと並んだ商品にはちゃんと値段までついていて、お買い物ごっこも楽しめます。自由気ままな子どもたちの姿にも要注目。
「隅々まで見飽きません! ヒヨコたちを探すページがお気に入り。」(のりちさん/3歳男の子ママ)

大渋滞の先に待っていたものは?
『なんのじゅうたい?』

オームラトモコ/作
ポプラ社 本体1300円+税
消防車にパトカー、清掃車……乗り物50台が大渋滞。その理由とは? ずらりと並んだ乗り物の行列は見ているだけでも飽きません。ドライバー同士の会話もあわせて楽しんで。

このお寿司、もとはどんなお魚?
『おすしのずかん』

大森裕子/作
白泉社 本体880円+税
ぺんぎんずしへようこそ。ご注文は何にしますか? お寿司とお寿司になる魚が交互に登場。じっくり眺めて名前や形を覚えれば、お寿司がもっと好きになること間違いなし!

物語を感じさせる絵が魅力的
『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』

みねよう/原案 さいとうしのぶ/作
リーブル 本体1800円+税
あっちゃんあがつくあいすくりーむ、いっちゃんいがつくいちごじゃむ。69音の「たべものあいうえお」を歌って楽しもう。リアル&ユニークな絵は食いしん坊も釘付けに。

 

3歳〜 

さあ、探し物の旅に出かけよう
『どこ? もりのなかのさがしもの』

山形明美/作
講談社 本体1400円+税
白い犬のムクと一緒に、不思議な森の探し物の旅がスタート。妖精たちのピクニックを覗き見たり、薄暗い洞窟を探検したりしながら、いろんな探し物をどんどん見つけよう!

ばけたくんがお店の食べ物に変身
『ばけばけばけばけばけたくん かくれんぼの巻』

岩田明子/文・絵
大日本図書 本体1500円+税
食いしん坊のばけたくんが、おばけまち商店街でつまみぐい。でも、食べたものに化けた上に、お店の中に紛れ込んでしまいます。ばけたくん、一体どこに隠れてしまったの?

乗り物好きを虜にするしかけ
『はっけんずかん のりもの 改訂版』

西片拓史/絵 大山昌夫/監修
学研プラス 本体1980円+税
新幹線や働く車、船、飛行機などを、写真としかけつきのイラストで紹介。窓あきのしかけをめくると乗り物が動いたり、中の様子が見れたりと、いろんな発見が待っています。
「あらゆる乗り物が載っていて、飽きない「しかけ」もたくさん。」(しまさん/3歳男の子ママ)

たくさんの黄色い重機が大活躍
『おたすけこびと』

なかがわちひろ/文 コヨセ・ジュンジ/絵
徳間書店 本体1500円+税
家族の留守中、台所にやってきたこびとたちが、ショベルカーやクレーン車などの働く車を使って何やら作業。建設現場さながらの見事な連携プレイでできあがったものとは?
「働く車とおいしいものというテッパンの組み合わせ!」(りさママさん/4歳男の子ママ)

爆笑必至のへんてこ動物園
『したのどうぶつえん』

あきびんご/作
くもん出版 本体1200円+税
りんごりら、れいぞうこぞう、きりんご、かばなな。上野動物園の下にある「したのどうぶつえん」には、見た目もおかしなダジャレ動物がいっぱい。お気に入りの動物はどれ?

てっぺん目指して下から上へ
『100かいだてのいえ』

いわいとしお/作
偕成社 本体1200円+税
絵本を縦に開くと、動物たちの部屋の断面図。台所や子ども部屋、シャワー室など、各部屋の暮らしぶりを眺めつつ、100階まで登ろう。楽しみながら自然と数字に親しめます。
「今は本文よりも絵と数字を熱心に見ています。」(ともママさん/3歳&1歳男の子ママ)

1 2
シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ