2019年4月1日

簡単&賃貸でもできる 子ども部屋DIY 後編

シェア
ツイート
ブックマーク

子ども部屋をかわいくしたい! そんなママの声に応えて、賃貸でも可能なDIYを提案します。塗ったり貼ったり、ねじ止めしたり……親子で一緒に作っても、いい思い出に★(kodomoe2016年4月号掲載)
撮影/岡森大輔 

教えてくれたのは
丸林佐和子さん
まるばやしさわこ/造形作家、工作作家。テレビや雑誌など、さまざまな媒体で工作やDIYの楽しさを伝える。著書に『はじめての工作』(ポプラ社)他。

 

カラーBOXのアイディアアレンジ

手ごろな値段で、使い道がいろいろなカラーボックス。生活が楽しくなるアレンジを2つ紹介します!

使ったのは
3段タイプのカラーBOX

高さ88cm、幅42cmの一般的なカラーボックス。色はそのままでも、好みで塗装してもかわいい。

 

ARRANGE 01
子どもベンチ

横置きにしてクッションシートを置けば、3シーターベンチに。絵本やおもちゃを収納できて一石二鳥。

材料・用意するもの

① 座面用の板
… 縦88×横30×厚さ2cmの板 1枚

② クッション用シート
… 30cm角のもの 3枚

③ 好みの柄の布
… 110cm幅×50cm

④ 椅子鋲
… 24〜26個

⑤ 布用ボンド

⑥ 木工ボンド

作り方

1. クッション用シートのサイズを合わせる
 
座面用の板クッション用シートを置いて、サイズを確認する。2枚はそのまま、1枚は座面板の長さに合わせてカットする。

2. ボンドで貼り付ける
 
布用ボンドで座面板にクッションシートを貼り付ける。

3. クッションに布をかぶせる
 
クッションをおおうように布を置き、座面の角になる部分は端をたたんで織り込む。

4. 椅子鋲で布を止める
 
約10cm間隔で椅子鋲を打ち、布を座面板に固定する。座面板の裏側に木工ボンドを付け、横にしたカラーボックスの上に貼り付けて固定し、完成。

 

ARRANGE 02
黒板付き収納棚

横に黒板シートを貼って、お絵かきやお勉強を楽しんで。シートタイプなら絵柄を変えるのも簡単。

材料・用意するもの

黒板シート
… 適量 ※シールのように貼れるタイプの黒板シート

作り方

1. 黒板シートに絵を描く
 
シートの裏側に、好きな動物や形などの絵を描く。方眼をガイドに、カラーボックスの幅に収まる形を描き、ハサミでカットする。

2. 黒板シートを貼る
 
はく離紙をはがし、カラーボックスに貼る。端から手でしっかり押さえるように貼っていくと、空気が入りにくい。

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ