2020年1月20日

【丸林佐和子さんの「へんしん工作」ーハンバーガー屋さん】

シェア
ツイート
ブックマーク

kodomoe2月号で大好評の、丸林佐和子さんの「へんしん工作」。
誌面で紹介しきれなかった「ハンバーガー屋さん」をkodomoe webでご紹介!
テンションが上がるサンバイザーと、“秒”でできるハンバーガーを作ってみましょう。

 

おいしくて楽しいハンバーガー屋さんにへんしん!

赤いサンバイザーで店員さんになりきって
「いらっしゃいませ~♪」
 

 

 

<サンバイザー>

材料
・赤い色画用紙…四つ切1枚
・黄色い色画用紙…適量
・輪ゴム…2本

 

作り方

1. 赤い色画用紙を横向きに置き、写真のような形をペンで描いて切り取る。


2. 残りの赤い色画用紙でツバを作る。直径18cmの紙皿を使って、写真のような形を描き、切り取る


3. 2ののりしろ部分は1つずつハサミで切り込みを入れ、起こす。

 


4. 1の裏側からツバをつける部分に両面テープを貼り、3を貼り付ける。


5. 輪ゴム2本を絡ませる。4の帯部分の端を1回折って輪ゴムを挟み、ホチキスで止める。

 

<ハンバーガー>

・クラフト紙…A4サイズ 2枚
・茶色の色画用紙…八つ切りの半分 1枚
・緑の色画用紙…適量
・セロハンテープ…18mm×50m 3本

 

<作り方>

1. バンズを作る。クラフト紙の真ん中にセロハンテープを置き、周囲をセロハンテープの穴に折り込んでいく。もう1枚も同様にして、同じものを2個作る。


2. パティを作る。茶色の色画用紙とセロハンテープで、1と同様に作る。


3. レタスを作る。緑の色画用紙を手でクシャっとさせ、バンズに挟むのに適当な大きさに手でちぎる。バンズでパティとレタスを挟んでできあがり!

教えてくれたのは
丸林和佐子
まるばやしさわこ/造形作家。簡単にできて楽しい工作の提案が得意。「こどもちゃれんじ」などをはじめ、メディアやワークショップなどで工作の楽しさを伝える。著書に『はじめてのこうさく ちぎる・まるめる・おる・かく・きる』(ポプラ社)などがある。

撮影/大森忠明 スタイリング/山田祐子 ヘアメイク/山田ナオミ モデル/デミュルレック・ウミトくん

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ