2018年10月11日

おうちでハロウィン 簡単♪お手製パーティーアトラクション 前編

シェア
ツイート
G+
ブックマーク

手軽にできるゲームやアトラクションがあれば、パーティーがもっと盛り上がる!
どの年齢の子でも楽しめるものを、kodomoeママたちに教えてもらいました。(kodomoe2016年10月号掲載)
撮影/岡森大輔 スタイリング/河野亜紀 ヘアメイク/梅沢優子 モデル/河合陽向くん 読者モデル/矢作百ちゃん、矢作椛ちゃん

たたいてお菓子を取り出そう!
かぼちゃピニャータ

遊び方

「ピニャータ」は、メキシコなどでお祝いに使われるくす玉。中にお菓子をたくさん入れてたたく、子どものお祝い事では定番のアトラクションです。今回はくす玉より手軽にできる紙袋で挑戦! 底に切り込みを入れてたたけば、切り込みからお菓子がこぼれ落ちてきて、子どもも大喜び!

用意するもの

・ピニャータ(作り方は下記参照)
・棒(新聞紙などを筒状に丸め、好みの包装紙でくるむ)
・お菓子

ピニャータの作り方

大きめでしっかりした紙袋を用意。オレンジ色の画用紙でフリンジを作り、紙袋の外側に貼りつけます。黒の画用紙で顔をつけ、紙袋の底にカッターで3~5か所ほど切り込みを入れて。

私もやりました!

うに島さん/4歳&2歳女の子ママ
「くす玉の中身は子どもたちに教えず『かぼちゃのお化けをやっつけろ~!』とたたいてもらったので、中からお菓子がぱらぱらと落ちてきたときはみんなびっくり&大歓声!」

 

 

気分のままに描いて&貼って
マントとお菓子バッグづくり

遊び方

配られるお菓子などを入れるマイバッグと、手軽に変装できるマントを手づくり。子どもたちが作る過程も遊びにしちゃいましょう! マントは黒いビニール袋を切って広げ、テープで止めるだけです。

用意するもの

〈マント〉
・黒いビニール袋
・シールや包装紙など
・セロテープ

〈お菓子バッグ〉
・紙袋
・シールや包装紙、のりなど
・クレヨンやマジックペン

私もやりました!

たもちょこさん/8歳&6歳&1歳男の子ママ
「子どもたちはもちろん、手伝うママたちも真剣に飾りを選んでいたり、親子で楽しめました。愛着がわくようで、息子たちはお風呂に入るまでずっとマントを着けていました!」

 

 

隠されたお宝を見つけよう!
お菓子さがし

遊び方

家の中のあちこちにお菓子を隠して、探検隊気分で探してみましょう! 4~5歳以上なら家の間取りにお菓子のありかを書きこんだ「宝の地図」を渡してあげれば、さらに気分が盛り上がる♪

用意するもの

お菓子は、参加している子どもの人数分をパッキングしたり、バラで隠しても。お菓子の数が不公平にならないよう、「〇個見つけたらおしまいね」などルールを決めておくと◎

私もやりました!

しおださん/4歳&0歳女の子ママ
「家の敷地内にお菓子を隠し、みんなで仮装をして探し回りました。全部探し出したらお菓子を食べて楽しみました!」

Column

ペリッとはがせるフェイスペイントでハロウィン風おめかし!

かぼちゃやこうもりなど、ハロウィンらしいモチーフを顔に描けば、手軽に変身気分に。「ミラクルペイント」は乾くと簡単にはがせて、洗い流す必要がなく手軽。筆を使うと細かい絵柄も描けます。

ミラクルペイント(全9色)2㎖ 108円/ダイソー

シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ