2017年12月15日

「minneハンドメイド大賞2017」受賞作品が発表されました!

シェア
ツイート
G+
ブックマーク

作家さんの作る、素敵なアクセサリーや小物、洋服から食品までさまざまな作品を販売・購入できる国内最大のハンドメイドマーケット『minne』(運営:GMOペパボ株式会社)。
この『minne』が主催する、創意工夫を凝らしたハンドメイド作品を発掘・表彰するコンテスト「minneハンドメイド大賞2017」の授賞式が、12月7日(木)に行われました。
応募作品1万7,000点超の中から、グランプリや話題賞などが発表されました!
  
作家さんの中には、結婚し、子育てをしながら作品を作っている方も多くみられ、
受賞コメントの中には
「この作品は出産を機に子どものために作りました」
「作品作りは母娘でやっていて、娘がイラストを描き、私が粘土で作っています」
「出産後、子育てをしながら作るのは大変でしたが、やってきてよかったです」
と、制作の裏話をしてくれる方々もいました。
輪っか飾りをニットで編んだ作品で、話題賞とゲスト審査員賞をダブル受賞した
OTO OTOさん(https://minne.com/@otooto-hoi/)は、
「ハンドメイド大賞に応募するために、はじめて編み物をしました。
たとえ初心者であっても、気持ちさえあれば賞をいただけるような作品を
作れるんだ!と伝えたいです」と、コメント。
受賞者が、さまざまな想いを抱えながら、作品を作りあげていることが伝わってくる
授賞式でした。
 
左)ゲスト審査員の一人、タレント・アーティストの篠原ともえさんと、「篠原ともえ賞」を受賞したFABBRICAさん
右)女優の佐々木希さんから「佐々木希賞」を受賞したのは、Urushi_Tumblerを製作した千葉功さん(中央)とGMOペパボ株式会社 代表取締役社長 佐藤健太郎

クライマックスは、いよいよ大賞の発表。
準グランプリはokamoto barba namiさんの「つみき(ちょっと大人向け)
(URL:https://minne.com/items/9764411/)」、
グランプリはHande und Stitchさんの「『アニマルトロフィー』と暮らそう!
https://minne.com/items/10570983/)」でした。
  
準グランプリ「つみき(ちょっと大人向け)」(左)と、グランプリ「『アニマルトロフィー』と暮らそう!」(右)

その他、部門賞、ゲスト審査員賞、話題賞はコチラから
https://minne.com/handmade-award/2017/

授賞式の後半に行われたスペシャルトークセッションには、
『minne』のCMに出演した佐々木希さんが登場。
CMには総勢128名の作家さんが手掛けた作品が登場し、作品が動き出すような演出は、
CGを一切使用せず、コマドリ撮影で行われたそう。
ハンドメイド作品ならではの温かみが伝わってくる撮影で「まるで絵本の中にいるようで、本当に幸せな撮影でした」と佐々木さん。
CM特設サイトでメイキングも含めた動画を見られるので、ぜひのぞいてみてください。

https://minne.com/feature/xmas/2017/cm/

■minne https://minne.com/

取材・文=日下淳子(編集ライター/保育士)

シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ