2022年3月11日

「ママ」ずっと待っていたその言葉。まさか、こんなときに聞くなんて…【少し大変で、すっごく幸せ~ドラベ症候群の娘と心臓に毛の生えた母~・16】

4万人に1人の難病「ドラベ症候群」の娘ぴぴちゃんと、タフな毎日を過ごす母、剥がれ鱗(はがれうろこ)さんの「少し大変で、すっごく幸せ」な毎日。
「おっとん(お布団)」「くーまぁ(くま)」「おっちゃあ(お茶)」どんどん言葉が増えている、ぴぴちゃん。そして、ずっと待っていた「ママ」という言葉が! でも、まさか、こんなときに聞くなんて……。

またやって来た……

「ママ」ずっと待っていたその言葉。まさか、こんなときに聞くなんて…【少し大変で、すっごく幸せ~ドラベ症候群の娘と心臓に毛の生えた母~・16】の画像1

「ママ」ずっと待っていたその言葉。まさか、こんなときに聞くなんて…【少し大変で、すっごく幸せ~ドラベ症候群の娘と心臓に毛の生えた母~・16】の画像2

「ママ」ずっと待っていたその言葉。まさか、こんなときに聞くなんて…【少し大変で、すっごく幸せ~ドラベ症候群の娘と心臓に毛の生えた母~・16】の画像3

「ママ」ずっと待っていたその言葉。まさか、こんなときに聞くなんて…【少し大変で、すっごく幸せ~ドラベ症候群の娘と心臓に毛の生えた母~・16】の画像4

「ママ」ずっと待っていたその言葉。まさか、こんなときに聞くなんて…【少し大変で、すっごく幸せ~ドラベ症候群の娘と心臓に毛の生えた母~・16】の画像5

「ママ」ずっと待っていたその言葉。まさか、こんなときに聞くなんて…【少し大変で、すっごく幸せ~ドラベ症候群の娘と心臓に毛の生えた母~・16】の画像6

「ママ」ずっと待っていたその言葉。まさか、こんなときに聞くなんて…【少し大変で、すっごく幸せ~ドラベ症候群の娘と心臓に毛の生えた母~・16】の画像7

剥がれ鱗
はがれうろこ/昭和の最後に茨城県で生まれ、現在は埼玉県で慎ましく逞しく生きているシングルマザー。4歳の娘と難病「ドラべ症候群」についてを徒然なるままに描く。「辛い時や悲しい時はお腹が空いているから食べればなんとかなるしラーメンはいつだって旨い」が人生で1番使ってるライフハック。
Instagram @hagareuroko
剥がれ鱗さんマママンガ賞 最終選考通過作品「娘は4万人に1人の難病、私はシングルマザー。だけど…『少し大変で、すごく幸せ』」はこちら

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ