2021年10月22日

告げられたのは、こわくて仕方なかった病名だった【少し大変で、すっごく幸せ~ドラベ症候群の娘と心臓に毛の生えた母~・6】

4万人に1人の難病「ドラベ症候群」の娘ぴぴちゃんと、タフな毎日を過ごすおかげで心臓に毛の生えた母との「少し大変で、すっごく幸せ」な毎日。
検査の結果は思ってもいないものでした。その後もさらに繰り返す検査、ついに告げられた病名は……。

私という前例は「希望」
でも……

告げられたのは、こわくて仕方なかった病名だった【少し大変で、すっごく幸せ~ドラベ症候群の娘と心臓に毛の生えた母~・6】の画像1

告げられたのは、こわくて仕方なかった病名だった【少し大変で、すっごく幸せ~ドラベ症候群の娘と心臓に毛の生えた母~・6】の画像2

告げられたのは、こわくて仕方なかった病名だった【少し大変で、すっごく幸せ~ドラベ症候群の娘と心臓に毛の生えた母~・6】の画像3

告げられたのは、こわくて仕方なかった病名だった【少し大変で、すっごく幸せ~ドラベ症候群の娘と心臓に毛の生えた母~・6】の画像4

告げられたのは、こわくて仕方なかった病名だった【少し大変で、すっごく幸せ~ドラベ症候群の娘と心臓に毛の生えた母~・6】の画像5

告げられたのは、こわくて仕方なかった病名だった【少し大変で、すっごく幸せ~ドラベ症候群の娘と心臓に毛の生えた母~・6】の画像6

告げられたのは、こわくて仕方なかった病名だった【少し大変で、すっごく幸せ~ドラベ症候群の娘と心臓に毛の生えた母~・6】の画像7

告げられたのは、こわくて仕方なかった病名だった【少し大変で、すっごく幸せ~ドラベ症候群の娘と心臓に毛の生えた母~・6】の画像8

ドラベ症候群という病名が分かり剥がれ鱗さんがとった行動とは。連載「少し大変で、すっごく幸せ」は、隔週金曜日の更新です。

剥がれ鱗
はがれうろこ/昭和の最後に茨城県で生まれ、現在は埼玉県で慎ましく逞しく生きているシングルマザー。5歳の娘と難病「ドラべ症候群」についてを徒然なるままに描く。「辛い時や悲しい時はお腹が空いているから食べればなんとかなるしラーメンはいつだって旨い」が人生で1番使ってるライフハック。
Instagram @hagareuroko

剥がれ鱗さんにインタビュー! インタビュー記事はこちら
連載はこちら 「少し大変で、すっごく幸せ~ドラベ症候群の娘と心臓に毛の生えた母~」

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ

平素は白泉社をご愛顧いただき、心より感謝申し上げます。
今後も皆さまに、より安心して弊社サービスをご利用いただくことを目的とし、2024年7月22日(月)より、プライバシーポリシーの内容を改訂いたしますことをお知らせいたします。

改定日2024年7月22日(月)
改定前・改定後の内容は以下よりご確認ください。
【改訂前】https://www.hakusensha.co.jp/privacy_2407/
【改訂後】https://www.hakusensha.co.jp/privacy/
個人情報の収集・管理・活用については、引き続きプライバシーポリシーに基づき、適切な取り扱いに努める所存です。
何卒よろしくお願い申し上げます。

確認しました