2021年5月18日

「麵屋 七利屋☆味玉濃厚鶏そば」【奥山佳恵の『ラーメン天国』第六十回】

シェア
ツイート
ブックマーク

みなさまこんにちは!
いつも御覧いただいてありがとうございます♪

あれはまだ、感染予防に気を付けながらも
お友達と連れ立ってラーメン屋さんに行けていた頃
(たて続けに食べに行っていたのでしばらく続きます笑)

たどり着いたのは

麵屋 七利屋さん♪
開店してまだ2周年のお店なんだそう。
自称「ラーメン部」と語る、お友達のご主人も
お友達もお子さんも、つまりご家族みんながお気に入りのお店なんだって!

「ラーメンが好き」とつぶやくだけで、どんどん広がっていくラーメンの輪。
それもこの湘南地区だけで、まだまだ食べきれないほどの広がりっぷり!
実はこのお店に行く前に行こうとしていたお店があったのですが
そちらはたまたま定休日だったくらいで笑
なんて幸せな街でしょう。
そりゃカラダも広がるわ!

お友達いわく、こちらは
いつも行列ができてる人気店なんだって!
この日も、雨が降っているにも関わらず
数名の方が並んでらっしゃいました。
↑私たちの番になった瞬間に撮った写真!

入り口の「中華そば×濃厚鶏そば」にワクワクする♪

カラフルな手書きのメニューにもトキめきます♪
「こだわりの鶏だしラーメン」
「正真正銘! 鶏だけで作った濃厚鶏白湯」

一番人気の「味玉濃厚鶏そば」にするか
大満足の「特製濃厚鶏そば」にするかー!

食べる前から・・胃が。胃が足りないYO!

と、入店前から感じる「濃厚」な情報は

お店の中も「濃厚」でした。
販売機の奥にもトリ・・!
(手前にはひな祭り)

そこまで推すなら
「一番人気」にしようかな♪

味玉濃厚鶏そばで!

座った席の横のカベにも

おお、「おいしそうだァー!」
この一杯がやってくるのね♪

コラーゲン・・!
好きな言葉よ♪

と、正面には

またしてもトリ。

トリのイラストミニトートバッグも
販売されているそうです。
大好きねトリ!

そんなトリ愛がいっぱいの
濃厚スープがコチラー!

コクーーー!
じっくり深い。ワァ、これ大好き!
ひとくちで胸いっぱいに沁み渡る!
濃度もあって、粘度もある。
じんわりしみじみ、ウマー!

細麺にもスープがしあわせに絡む!

ずっと見ていたい眺め!
(すぐに食べちゃうけどー!)

焦げ目がついたお肉がまた
ガッツリとおいしい♪

やわらかレア肉まで味わえて
なんて豪華な組み合わせー!

シャキシャキネギ食感が
濃厚スープにアクセント☆

ああ・・どうしてくれよう
どいつもこいつもスキすぎる
↑言い方は悪口調ですが愛するがゆえ

何をラストに飾ろうか迷いすぎるー!

ひとまず、卵を割って
2つに増やしますか。

ギャーーー! 半熟トロトロ♪
ますますラストが迷うとこ!

と、テーブルの上を見ると

濃厚鶏そば用の・・
割りスープ、ですって?

ちょろっとかけてみる。

天一でいうところの「こってり」を「あっさり」に変換し
「こっさり」にする、割りスープと同じ立ち位置ねきっと!

おお! 濃厚の段階が変化した☆
これはこれでまたおいし!
さらに、お友達の勧めで

「昆布酢」を投入♪
これはア☆カーン!

それは一瞬の出来事で

アゴまで飛び出て

美しいほどの完飲でした・・ !

こってりにサッパリが加わって
ドンを持つ手を抑えきれない☆

さらに

カラッポなウツワに
割りスープのお代わりまで笑

「お客さーん! もう食べ終わってますよー!」

うっかり、いつまでも食べ続けてしまう
恐ろしいおいしさでした。これが

正真正銘のトリ愛なのか!

ごちそうサマでしたー!

おくやまよしえ(女優・タレント)/東京都生まれ。1992年、映画「喜多郎の十五少女漂流記」でデビュー。2001年に結婚。翌年、長男を出産。現在は2児の母。NHK「すくすく子育て」、TBS系ドラマ「キッパリ!」主演を経て、テレビ、ドラマ、雑誌などで活躍中。特技はイラストを描くこと、手芸。
ブログ 奥山佳恵のてきとう絵日記

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ