2017年8月17日

第127回「お野菜の煮浸し」

シェア
ツイート
G+
ブックマーク

みなさまこんにちは♪(・∀・)ノ
いつも御覧いただいてありがとうございます!

夏休みまっさかり。子育てをしている全国のママ、パパ!
お元気でいらっしゃいますかーーー!? (泣きながら声を大にして)

海のスグ近くに住んでいる私は、連日お友達が遊びに来てくれて
ワイワイガヤガヤ。その賑わいのおかげで、みんなで子育てができて
とってもラクをさせてもらっています・・! みんなにありがとう!

ご飯の支度もみんなでいっしょに!
この合宿所のような生活、理想的♪

今回は、夏野菜を保存しながらおいしく楽しく♪というメニュー
「お野菜の煮浸し」!
お料理教室の先生が最近、作ってくれて。
これがまたものすごくおいしくて!
みんなにも食べてもらいたくて
さあ、作ろう!! と思ったら、なんとレシピがナイ。
そーだったー! 肝心のレシピ、聞きそびれていた!

これは今回の「たのしむこそだて」コラム、最大のピンチなのでは?
と、思っていたら、いたいた!
遊びにきてくれたお友達の中に
現役バリバリ、和食の料理人(プロ)が!
元は、私の高校の先輩なのです。先輩、スミマセン!
海に遊びに来ただけなのに、「野菜の煮浸し」教えてくださいー!

「しょうがねーなー」 かわいい後輩(私)のために、まずは
「プロが教える出汁のとり方」 !

1ℓほどのお水に昆布を3枚。

弱火でじっくりと!

「フットウする前に必ず昆布をだすこと!」「はい! 先輩!」

昆布を取り出したら、ブクブクーッとフットウさせて火を止めて

かつお節、ふたつかみくらいをドサーッ。

しばし(数秒?) そのままジッと放置したのち

ペーパーでこして出来上がり。

このとき、かつお節の成分出したさに
グイグイとかつお節を押したり絞ったりしちゃダメなのね!
「なんかこのかつお節クサい・・あ! 賞味期限キレてんじゃん!」
お叱りの声を受けましたが

なんとかできた。いい香り♪さすがプロ!

お野菜は近所の畑で採れた、いただきものの

ナスとピーマン!ありがたいです、感謝です!

「食べやすい大きさに切って、皮目に格子の切り込みを入れて。
野菜をあげる前に、煮浸しの漬け汁を先に作っておいた方がいい。醤油を・・」

と、さきほどとった出汁に直接、無計量で調味料を入れようとしていたので

「そこのプロ、ストップ!! 今後も作れるように計量してください!」

いちいち、メンドくさいことをお願いしました。
ホントは味見をしながらササッと作るんでしょーけど
シロートには(というか私には)そんなワザできませんから!!

これがプロに「いちいち計量」して作ってもらった、漬け汁♪

出汁1リットルに対して

お醤油 大さじ2
お砂糖 小さじ3
白だし 小さじ3
めんつゆ 小さじ2

しょうが2かけほど!

ちなみに・・本来なら「みりん」が入るそうなのですが
たまたま、我が家はきらしていました! スミマセン!

「しかしめんつゆっていうのは万能だ!」とのこと。
このあと、揚げたお野菜をこの汁に漬けていくのだけれど
「野菜から水分が多少出るから、味を見てめんつゆを足すといいよ。」だそう!

いやー私には、めんつゆ以上にお料理ができる先輩が万能に見えまっせ!

油はこれくらいの量。
ブクブクとしてきたら

「ナスを皮から入れる。」
しばらくしたら

返す。
「揚がった目安ってあるんですか?」
「菜箸でナスのサイドを押してみて、柔らかくなっていたらOK!」
とのこと!

なるほど、

↑目安を探るため、ちょいとウエストができたナス。

揚げて、しばらく油を切ったら漬け汁にドンドン投入!

こんな調子でジャンジャン揚げていきます♪(先輩が)

いい先輩を持ったものです・・。

揚げたお野菜が全部浸かったよ!
仕上げに、生姜の細切りをプラス!

糸かと思うほどホッソイ!
プロってすごい!

そして仕上げの盛り付けで

プロの力量、魅せられました!!
「見てないでお前もやってみ!」
そうですね、私もキチンと学んで
それを我が子へと伝授しなければなりません!

先輩、私ホンキで頑張ります!いつもの
「出来上がり、お皿にドサーッ」 ではなく
ひとつひとつ、菜箸でお野菜をとって!

って・・アレ? ( °д°)
ナゼこんなに違うんスかー?
すると先輩、
クスッと笑って
「和食の盛り付けは、「全体」で考えるよりも
正面を「前」にする、ってことを意識するといい。」
だそうです!!! ちょっとソレもっと早く言ってよーーー!

お野菜の煮浸し、温度が下がれば下がるほど
漬け汁が野菜に染み込んでいっておいしいの!
「育っていくごちそう」という感じ。
うん、私も煮浸しのように
育っていきたい、子とともに!

子どもといっしょにおいしいものを作るとき
こうした、和食の盛り付け方なんかを、つまり
美しい日本の文化を知識として教えられる

そんなハハに、来世でなりたい。

スペシャルゲストのプロの先輩!
ありがとうございましたーーー!!

 

おくやまよしえ(女優・タレント)/東京都生まれ。1992年、映画「喜多郎の十五少女漂流記」でデビュー。2001年に結婚。翌年、長男を出産。現在は2児の母。NHK「すくすく子育て」、TBS系ドラマ「キッパリ!」主演を経て、テレビ、ドラマ、雑誌などで活躍中。特技はイラストを描くこと、手芸。
ブログ 奥山佳恵のてきとう絵日記

シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ