2019年5月7日

「カイ」phone!? 巻き貝のスマホケースを作ってみた 【片桐仁のwebでねんど道 #1】

シェア
ツイート
ブックマーク

大人気連載がWEB限定コンテンツとなってリニューアル! 造形作家としても活躍する片桐仁さんが、粘土遊びの創作アイディアを紹介します。親子で楽しめる粘土の世界は無限大!

材料・道具

カラー粘土(軽いもの)
両面テープ
スマホケース(ソフトタイプ)
ヘラ
粘土板

※カラー粘土を使うと、着色の手間が省けるので便利。お好みの色を用意して。粘土の材料や道具は画材店や手芸店にて購入できます。

STEP 1 下準備!

粘土が付きやすいように、スマホケースの表面に両面テープを貼る。

STEP 2

好きな色の粘土を少しずつ出して混ぜてみよう。色の変化や手触りを楽しんで!

STEP 3 ねじってみよう!

ねじったり、引っ張ったりして、混ぜていくよ。完全に混ぜきらないで、あえてマーブル状の模様を残すのもステキだ!

STEP 4

なんとなく作りたいものの形がイメージできたら、スマホケースに粘土を盛り付けていこう。

STEP 5

指先でギュッギュッと巻き貝の形に整えていく。カメラのレンズ用の穴を塞がないように注意だ!

STEP 6 つねってとげとげに

指でつねって粘土を引っ張って、トゲトゲの突起を作っていく。どう? 貝らしくなってきたでしょう?

STEP7

さらに立体的になるように、貝の穴の部分を強調しよう。

STEP 8

貝の入り口のところにカラフルな縞模様をつけていこう。

STEP 9 細かい作業はヘラで

細かい凹凸や線はヘラを使ってみよう。

STEP 10

内側の粘土を指でおしてうずまき模様をつけてみたよ。充電の穴を粘土で塞がないように注意してね。

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ