2017年9月7日

うたのお兄さん・横山だいすけ「目の前にいるひとりの子に届くように歌いたい」web限定インタビュー

シェア
ツイート
G+
ブックマーク

Eテレ「おかあさんといっしょ」の「うたのお兄さん」を歴代最長の9年務め、今春卒業しただいすけお兄さん。毎日「みんな元気―?」と笑顔をくれる彼に支えられてきたママも多いのでは? 今や「だいすけロス」をふきとばす活躍ぶり。発売中のkodomoe2017年10月号のロングインタビューでは、これまでのこと、これからのこと、たっぷり語っていただきました。さらに「おかあさんといっしょ」のうたのお兄さん時代の秘話をkodomoe web限定でちょっぴり公開! 本誌とあわせて読むとさらに感動倍増です。(web限定インタビュー)

インタビュー/原 陽子 撮影/大森忠明 スタイリング/吉岡ちさと ヘアメイク/安藤千浪 
衣装協力:シャツ/BOHEMIANS その他/スタイリスト私物

よこやまだいすけ/千葉県出身。2006年に国立音楽大学音楽学部声楽学科卒業後、劇団四季に所属。NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の「うたのお兄さん」を2008年4月から2017年3月まで務め、9年間の歴代最長出演記録となる。

「おかあさんといっしょ」で、童謡や「今月の歌」、数え切れないほど多くの歌を歌ってきただいすけお兄さん。そのひとつひとつに、それぞれの思い出が色濃くあるという。

「あなたの歌ではお花が見えてこない」

「今月の歌」では、まずは新しい歌の歌詞を読んで曲を聴いて、表情もそれぞれひとりずつで作っていくんですね。その後、お姉さんと軽く合わせをして、お互いに相談して。やはり音楽性というのは人によって違うので、ひとつのフレーズだけでも、「自分はこう歌う」と思っていたら、お姉さんが全然違う表情を出してきて、「そう歌うんだ!? 新しい!」って驚いたり。それぞれの表現がいいブレンド具合になるのか、もうちょっとどちらかに寄せた方がいいのかは、合わせてみないとわからない、それも楽しいですよね。自分にない音楽性を聴いたときに、その瞬間で起こる化学反応みたいな。

「うたのお兄さん」になった最初のうちは、表現というものが追いつかなくて。「おはながわらった」という、歌詞のほぼ8割が「おはながわらった」だけの、すごくシンプルな歌があるんですが、それを歌ったら福田先生(うたのお兄さん・お姉さんに歌の指導をしていた、作曲家の福田和禾子さん)に「つまらない」と言われました。「あなたの『おはながわらった』は、全然お花が見えてこない」って。ずっと「おはながわらった〜」って歌っていても、確かに全然景色が見えてこない。

――そこから変わるには、なにかきっかけがあったんですか。

 収録の合間に子どもたちと話していると、「あ、この歌知ってる」「じゃ、一緒に歌おうか」みたいに、気軽に歌ったりもするんですが、そういうときに、こちらがあまり考えずにパッと歌うと、相手の子が急に笑顔になる瞬間があるんですね。そういう経験を重ねていくうちに、うまいとか下手ではなくて、「目の前にいるこのひとりの子に伝わるように、届くように歌うには、どうしたらいいのかな」と考えるようになりました。そのように自分の気持ちが変わると、相手の心に歌がスッと入っていく、自分でも「あ、つながったな」って感じられるようになって。そのとき、たくみお姉さんが「お兄さんの『おはながわらった』、変わったね」って言ってくれたんです。やっぱり一番近くで歌を聴いている人だし、僕がダメなときも知ってる人だから(笑)、その言葉でこう、スカーンって抜けたような気がしましたね。

歌い手ごとに景色が変わる「リンゴントウ」

――kodomoeで長くイラストエッセイの連載をしていただいたおーなり由子さんも、「リンゴントウ」や「あめふりりんちゃん」など、多くの「おかあさんといっしょ」の歌の歌詞と絵を担当されています。

 そうなんですよ。おーなりさんとは「リンゴントウ」のときに現場でお話もできたりして。作詞家や作曲家、いろんな作り手の方の思いを聞くと、自分たちもその曲がいっそう大切に思えて、「リンゴントウ」、僕も大好きな曲です。それぞれのお兄さん、お姉さんでいろんな歌い方がありますけど、「リンゴントウ」とかは特にその人の表情が出やすいというか。「いろとりどりで~」というフレーズが出てくるのですが、この「いろとりどり」がどんな「いろとりどり」なのか、人によって全然違います。たくみお姉さんと歌う「いろとりどり」と、あつこお姉さんと歌う「いろとりどり」は、全然変わるんですよ。見える景色が違うので。「あまずっぱい」もやっぱり違う、それはもう自然と変わってきちゃう。そこがまた面白いというのもありますし。そういうふうに僕らが感じていることって、必ず聴いてる人にも伝わるので、こういう曲ってすごく大切だなあ、素敵だなって思います。

だいすけお兄さんのロングインタビューはkodomoe2017年10月号にたっぷり収録。こちらもあわせてお楽しみください。

INFORMATION

CD
映画「くまのがっこう&ふうせんいぬティニー」主題歌
「さよならだよ、ミスター」
好評発売中 SMM itaku (music) 1080円 
親から子への旅立ちのエールをテーマにだいすけお兄さんが歌う、ママ&パパへの応援ソング。初回特典にくまのがっこう&ふうせんいぬティニーステッカー、横山だいすけステッカー。

最新情報はオフィシャルサイト&ブログをCHECK!
Web http://yokoyamadaisuke.com/
Blog http://ameblo.jp/daisuke-yokoyama/

シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ