2020年11月2日

よしもとの絵本芸人、ひろたあきらさんの今回のお題は?【ひろたあきらのお絵かき生きもの図鑑・2】

シェア
ツイート
ブックマーク

よしもとのお笑い芸人で絵本作家のひろたあきらさんとkodomoe編集部が、読者のみなさんと一緒に作っていく連載「絵本芸人・ひろたあきらのお絵かき生きもの図鑑」。今回は、第2回目のお題発表です!

もういちど、「お絵かき生きもの図鑑」って?

10月から始まった「絵本芸人・ひろたあきらのお絵かき生き物図鑑」。吉本興業のお笑い芸人でありながら、絵本作家という顔も持っている、ひろたあきらさんが、kodomoe読者のみなさんと一緒に何か楽しいことをしてみたいという、アイディアからうまれた企画です。

毎月ひとつ、ひろたさんが考える不思議な生きもののお題に対して、お絵かきをしていただき、その作品を写真に撮って投稿していただいたものを、ひろたさんが選んで動画で発表します。回を重ねるごとに、不思議な生きものが増えて、面白い図鑑ができるかもしれません!

第1回のお題は「ニョロニョログマ」。可愛くて不思議なニョロニョログマの作品が、たくさん寄せられました。ありがとうございました!! ただいま、ひろたさんと編集部でセレクトしておりますので、発表は12月1日まで楽しみにお待ちください!

さて、2回目のお題は…

では2回目のお題発表です。まずは、ひろたさんからのメッセージをどうぞ!

2回目のテーマは「ウキウキウサギ」です。「ウキウキウサギ」と聞いて思いつくものを描いて投稿してください。そして、「ウキウキウサギ」は、どんなどころに暮らしている? どんな食べ物が好き? 鳴き声は? といった、お子さんの想像する「ウキウキウサギ」の特徴や、描いたときのようすなどのコメントもぜひ書いて一緒に投稿してくださいね。

投稿作品のなかから、ひろたさんが「これは!」と思った作品を選んで発表します。

さらに、選ばれたかたには、kodomoeオリジナル「ノラネコぐんだん図書カード」1000円分と、ひろたさんから直筆の「お絵かき」のプレゼントも!

みなさんのご応募お待ちしております!

応募詳細

テーマ:「ウキウキウサギ」
「ウキウキウサギ」と聞いてイメージするものをお絵かきして、写真に撮ってSNSで投稿してください。お子さんはもちろん、大人のかたも大歓迎です!

【応募締め切り】11月23日(月・祝)24:00
【結果発表】2021年1月7日(木)kodomoe webのページにて発表します。

【応募方法】SNSとメール、どちらからでも応募できます。

※今回から、応募用紙もできました! ぜひ応募用紙をプリントアウトしてお絵かきをして、その写真をお送りください。(応募用紙を使わなくても応募可能です)
応募用紙のダウンロードはこちら!

(1)SNSから応募
1.kodomoeの公式SNSアカウントのいずれかをフォローしてください。
Twitter:@kodomoe
Instagram :@kodomoe
Facebook:@kodomoe

2.上記でフォローしたアカウントから、ハッシュタグ「#ウキウキウサギ」をつけて、作品の写真を投稿してください。描いた作品のポイントや、「ウキウキウサギ」の好物、鳴き声など、イメージする特徴、絵を描いているときの様子などのコメントも、ぜひ一緒に投稿してください。(※設定は「公開」にしてください)

以上の2ステップで応募完了です。

(2)メール応募
作品の画像を添付して下記アドレス宛にお送りください。
oubo_kodomoe@hakusensha.co.jp

・件名に【ウキウキウサギ応募】と書いてお送りください。
・本文には、描いた作品のポイントや、「ウキウキウサギ」の好物、鳴き声など、イメージする特徴、絵を描いているときの様子などのコメントを添え、ペンネームをお書きのうえ(お子さんの場合は年齢性別も)お送りください。

ひとり何点でもご応募できます!

※選ばれた作品は、こちらの連載ページや、ひろたあきらさんの動画で紹介させていただきます。
※作品を選ばれたかたには、kodomoeオリジナル「ノラネコぐんだん図書カード」1000円分と、ひろたあきらさんの直筆の「お絵かき」をプレゼントします。
※kodomoe 編集部からDMでご連絡させていただく場合があります。

ぜひ親子でお絵描きしてみてくださいね。
それでは、たくさんのご応募をお待ちしております!

 ひろたあきら
1989年愛知県生まれ。吉本興業所属のお笑い芸人。ライブなどで活動するほか、絵本を用いたワークショップや読み聞かせ会を積極的に行う。2019年には、初の創作絵本『むれ』を発表し、「MOE絵本屋さん大賞」の新人賞を受賞。また、未来屋書店内の書店員が選ぶ「第3回 未来屋えほん大賞」の第3位も受賞し、ファンのみならず、書店関係者からの信頼も厚い。

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ