2013年7月17日

7月のテーマは「水の絵本」【広松由希子の今月の絵本・21】

絵本作家で評論家の広松由希子さんの連載。毎月、テーマに沿った、おすすめ絵本をセレクトしていただきます!

7月のテーマは「水の絵本」

思いのほか早い梅雨明け。どっと猛暑。
お変わりありませんか?
暑さに弱いくせに、冷房にも弱いわたしは、
「み、みず…」と呻きながら、半分ひからびておりますが。

そんな今月は急遽予定を変更し、
祝・梅雨明け & 脱・夏バテ記念(なんのこっちゃ)
「水の絵本」をお届けします。
一服の清涼を。

hiromatsu21.jpg

まずは、体感温度をくっと下げてくれる
『みず ちゃぽん』。
題字からも、音が聞こえてきそう。

めくれば、水のしずくが、ページの天から
「ぴちゃ」
つぎつぎと
「ぽた ぽと ぽしゃ」
まとまって
「ざあー! ざざざあー!」
「どっぼーん」

白地に水色(まさに「水色」)
ちょこっと描き込まれた表情も涼やか。
シンプルな色と擬音が、小さい子どもにも
気持ちいい水の感触を呼び覚まします。

目から水浴び。心に行水の読後感。

mizuchapon.jpg

『みず ちゃぽん』
新井洋行/作 童心社
定価840円 2011

 

水浴びといえば、これ!
『ぞうくんのさんぽ』は、初版から45年、
素朴な味わいで愛され続ける古典絵本です。
ころんとのどかな「レタリング」(懐かしい響き♪)が一役かっています。

ごきげんで散歩に出かけたぞうくんが、
かばくんに出会って
「いっしょに いこう」と誘うと、
「せなかに のせてくれるなら
いっても いいよ」
「いいとも、いいとも」

力持ちで気のいいぞうくん。
かばくんの上にわにくん、
そのまた上にかめくんものせ、
うんうんがんばって歩いていきますが……

「うわーっ」
「どっぼーん」

びっくりの後のごきげんな結末。
暑い日に読めば、一段と気持ちいい。
動物の顔ぶれにも、合点がいくのでした。

zoukun.jpg

『ぞうくんのさんぽ』
なかのひろたか/作・絵 なかのまさたか/レタリング
福音館書店 定価840円 1977

 

浴びるのもいいけど、水は、飲むもの。

『おいしいみず』のみずがめさんは、
「まいあさ めがさめると、うれしくて うれしくて、
みんなのところへ いそぎます」

動物たちが待ち構えているのです。
動物たちは、みずがめさんの水が好き。
みずがめさんは、水を飲んでもらうのが好き。
飲めば飲むほど涌いてきて、一年中枯れることのない水でした。

ところがある日、見たことのない色水のみずがめが現れて、
動物たちは、きれいな色の甘い水に夢中になります。

忘れられたみずがめさんは、悲しんで、
いつしか水も枯れ果て、ひびが入ります。

やがて色水に飽きた動物たちが、
みずがめさんのおいしい水を懐かしんで、
戻ってくると……。

ふつうの水のありがたみ。
体中に染み渡るやさしみ。
こんな季節、こんな時勢に痛感します。

oishiimizu.jpg

『おいしいみず』
片山健/作・絵 農文協
定価1400円 2009

 

そう、水は飲むもの。
でも、飲み過ぎにはご用心!

『わかがえりの水』は、
ちょっとおかしな日本昔話。
スズキコージさんの絵で、
とびきりおかしな昔話絵本となりました。

働き者のおじいさんは、ひとり山へ炭焼きに。
暑くてのどが乾いたので、きれいな清水を見つけて、ごくごく飲むと、
それは、なんとも不思議なおいしい水。
飲むほどに気持ちがよくなり、元気が湧いてきます。

家に帰ったつやつやの美青年を見て、おばあさんは、びっくり。
自分も若返りの水を飲みに出かけますが、

ごくごくごく
「いやいや、まだまだ」
ごくごくごく
「もっと、もっと」

キリル文字(ロシア語の雑誌のコラージュ)が飛び交う日本昔話。
風変わりなハッピーエンド。

おじいさんがみるみる若返り、元気がもりもりみなぎる場面や、
ぴかぴかのぷりぷりになったおばあさんの場面、
絵から涌き出すエネルギーにあてられて、
心持ち、若返ることを保証しますよ。

wakagaeri.jpg

『わかがえりの水』
広松由希子/文 スズキコージ/絵
岩崎書店 定価1470円 2011


水から生まれ、
水に生かされていることを、実感する夏。

水分補給を忘れずに、
子どもも大人も満喫しましょう。

 

広松由希子 ひろまつゆきこ/絵本の文、評論、展示、講座や絵本コンペ審査員などで活躍中。
2017年ブラティスラヴァ世界絵本原画展(BIB)国際審査員長。著作に絵本『おかえりたまご』(アリス館)、「いまむかしえほん」シリーズ(全11冊 岩崎書店)や 2001~2012年の絵本案内『きょうの絵本 あしたの絵本』、訳書に『ヒキガエルがいく』(岩波書店)『うるさく、しずかに、ひそひそと』(河出書房新社)など。2020年8月、絵本の読めるおそうざい屋「83gocco」をオープン。https://83gocco.tokyo

web連載「広松由希子の今月の絵本」

Twitter https://twitter.com/yukisse
facebook https://www.facebook.com/yukiko.hiromatsu

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ

平素は白泉社をご愛顧いただき、心より感謝申し上げます。
今後も皆さまに、より安心して弊社サービスをご利用いただくことを目的とし、2024年7月22日(月)より、プライバシーポリシーの内容を改訂いたしますことをお知らせいたします。

改定日2024年7月22日(月)
改定前・改定後の内容は以下よりご確認ください。
【改訂前】https://www.hakusensha.co.jp/privacy_2407/
【改訂後】https://www.hakusensha.co.jp/privacy/
個人情報の収集・管理・活用については、引き続きプライバシーポリシーに基づき、適切な取り扱いに努める所存です。
何卒よろしくお願い申し上げます。

確認しました