2020年9月2日

長野に移住。土に近い生活を始めました【我が家のごはん日記/岡本雅恵さんちの食卓・1】

シェア
ツイート
ブックマーク

 忙しいママにとって、日々の家事の中で悩ましいのがごはんのこと。適度に手を抜きたいけれど、家族には栄養のあるものをバランスよく食べてもらいたい。では、食にかかわるお仕事をしているママたちは、家族のごはんをどうしているの? 

今月の担当はフードユニットTORiで、レシピ開発やコラム執筆など、幅広く活動されている岡本雅恵さんです。小1の女の子、年少の男の子のママでもある岡本さんは、今年2月、長野県御代田町に移住し、畑のある生活を始めたのだそう。4週間にわたって、日々の食卓をご紹介いただきます。

岡本雅恵さんちの食卓 #week1

はじめまして! TORiの岡本雅恵と申します。中目黒でのカフェ営業を経て、ケータリング、社食、レシピ開発、ワークショップ、コラム執筆など、食にまつわるお仕事をしています。2月末に家族で長野県御代田町へ移住し、小さいながらも畑を持つこととなり、憧れだった土に近い生活を送る日々です。小学1年生の娘と、幼稚園年少さんの息子がいます。

普段のご飯の準備は時間との勝負! シンプルに素材の美味しさを味わえるのが好みです。子どもと大人、両者が満足できるような献立を考える日々です。

<月曜日・夜>

お盆で帰省していた実家から、妹親子と一緒に我が家へ移動。お互いに夫は仕事で不在、子どもたちの年齢が近いのもあってワイワイと合宿のように過ごす。移動もあったし、ずっと外で遊んでいたので、ご飯の準備は簡単に、手巻き寿司にすることに。

畑から収穫したとうもろこしがプラスされて、一気に食卓が華やぎました。

長野に移住。土に近い生活を始めました【我が家のごはん日記/岡本雅恵さんちの食卓・1】の画像1

大人は大葉、茗荷、かいわれなどの薬味をたっぷり添えて。 いぶりがっこ+クリームチーズも良き箸休めに。

 

<火曜日・夜>

妹親子とプールに行くことに!

長野に移住。土に近い生活を始めました【我が家のごはん日記/岡本雅恵さんちの食卓・1】の画像2

我が家はクーラーがないので、日中の暑い時には家にいられず、涼を求めてあちらこちらへ出向いております。東京では考えられませんが、こちらは日中でも木陰に入れば涼しいし、川の水は冷たいしで、とりあえずなんやかんやと夏を越せそうです。道の駅へ寄って買ってきた美味しそうなジュースで乾杯!

長野に移住。土に近い生活を始めました【我が家のごはん日記/岡本雅恵さんちの食卓・1】の画像3

この日もたっぷり遊んでしまって体力があまり残ってなかったので(笑)、野菜をオーブンで一気にグリル! いつもはそこにお肉も一緒に入れてしまうけれど、量が多かったので、フライパンで。買っておいた豚肉と、半端に残っていた鶏肉をシンプルに油でソテーして塩と胡椒で味付けします。野菜はほぼほぼ実家のものや畑で採れたものなど、生産者さんがわかるもので、それぞれの味が濃くてとても美味しい! 産直で買ったレタスにお肉と野菜を巻いて、自家製の醤油麹や完熟梅かつお味噌でいただきます。

長野に移住。土に近い生活を始めました【我が家のごはん日記/岡本雅恵さんちの食卓・1】の画像4

夏場にキッチンに立つのは暑くてキツいので、このほったらかしオーブン料理にすっかりはまっています。野菜の美味しさもダイレクトに感じられて、いろいろ味も変えられるので、飽きずによく作ります。食べやすい大きさにカットした野菜をボウルに入れて、オリーブオイルをまわしかけて全体に馴染ませ、クッキングシートをしいた天板の上に載せて、塩と胡椒をしています。オーブン180度で20分〜30分くらいでしょうか。野菜の種類にもよるので時間差で入れても。面倒臭い時は、カットした野菜を並べて、そのままオリーブオイルをかけちゃいます。

長野に移住。土に近い生活を始めました【我が家のごはん日記/岡本雅恵さんちの食卓・1】の画像5

大人用に桃ブッラータも用意しました。ブッラータは、ちょっとお値段高めですが、近くの大好きなスーパーで手頃な値段で手に入ることがわかり(!)、何回か作っています。白バルサミコ、オリーブオイル、塩、胡椒でマリネしています。信州産の桃が香り豊かでとても美味!

 

<水曜日・夜>

妹親子も帰り、夫もまだまだ不在中のため、全くの手抜き飯です(笑)。そういう時に登場率の高いオムライス! 冷蔵庫にある半端な野菜をみじん切りにしてたっぷりご飯に混ぜ込みます。娘が「産直の美味しいアスパラガスなら食べる!」というもんで、生意気な〜!と思いつつも、味の違いがわかるのね〜と嬉しくもなったりして、せっせとベーコンと一緒にソテーしました。ワンプレートは洗い物もらくちん。

長野に移住。土に近い生活を始めました【我が家のごはん日記/岡本雅恵さんちの食卓・1】の画像6

<金曜日・昼>

今日から学校と幼稚園が始まりました! 短かったし、楽しかった夏休みでしたが、やはり一人の時間はほっとします。外にランチにいきたいな〜と思いつつ、溜まりに溜まった仕事に追われ、家にあるもので自分だけのランチ。冷凍ストックしておいた美味しいパンを探し出し、畑で獲れたバジルペースト、試作のずんだ餡、プラムジャムなど、自分で作っておいた保存食のおかげで、だいぶ満足度の高いものになりました。スープもいつも多めに作って冷凍しておいたりするのですが、そんな自分への貯金がこういう時に効いてきます。自分に感謝(笑)!

長野に移住。土に近い生活を始めました【我が家のごはん日記/岡本雅恵さんちの食卓・1】の画像7

<土曜日・夜>

この日の夜は特別に、映画を見ながらご飯を食べても良いということになっていたので、見ながらでも食が進みそうなみんなの好物を作ることに。

長野に移住。土に近い生活を始めました【我が家のごはん日記/岡本雅恵さんちの食卓・1】の画像8

手羽先の唐揚げは、娘は塩味、夫と息子はタレ味が好きなので、いつも2種類作ることになり、手間はかかりますが、私は両方食べたいので、頑張って作っちゃいます。産直で買った四角豆は、福神漬けを作るのに入れようと思っていたのですが、とある料理家さんが、素揚げにすると美味しいと書かれていたので、揚げ物ついでに揚げることに。人参の葉も揚げるととっても美味しいですよ。この日のポテトサラダは、全て自分の畑からの野菜で作れたことにあとから気付いてしみじみと感動。

長野に移住。土に近い生活を始めました【我が家のごはん日記/岡本雅恵さんちの食卓・1】の画像9

長野に移住。土に近い生活を始めました【我が家のごはん日記/岡本雅恵さんちの食卓・1】の画像10

我が家の小さな畑です。このほかにみんなで管理している畑もありますが、今はオクラが毎日獲れます!

こちらに移住してから、本当に食が豊かになったな〜と実感する日々です。素材一つ一つの存在感が大きいので、もともと野菜が好きでしたが、さらにメインに考えるような献立になってきました。畑や生産者さんに感謝感謝の毎日です。

岡本雅恵
おかもとまさえ/料理家、フードユニットTORi主宰。世界のお母さんの味と古くから伝わる保存食をテーマに、中目黒のカフェ営業を経て、ケータリング、社食、レシピ開発、ワークショップなどを通し、食の大切さを伝えている。2020年2月末より長野県御代田町へ家族で移住。小さな畑から獲れる野菜を使った料理に精を出す日々。

コモドライフ https://comodo.life/writer/93/
Vitantonio https://www.vitantonio.jp/magazine/tori-column/
Instagram / masha518

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ