2019年11月6日

フードスタイリスト、八木佳奈さんの日々のごはんをご紹介【我が家のごはん日記/八木佳奈さんちの食卓・1】

シェア
ツイート
ブックマーク

 忙しいママにとって、日々の家事の中で悩ましいのがごはんのこと。適度に手を抜きたいけれど、家族には栄養のあるものをバランスよく食べてもらいたい。では、食にかかわるお仕事をしているママたちは、家族のごはんをどうしているの? 

今回から、フードスタイリストで10歳と6歳の姉妹のママである八木佳奈さんの連載がはじまります。料理づくりにスタイリングと、さまざまなメディアで活躍中の八木さん。忙しい毎日のごはんをどうやって回しているのか、ご紹介いただきます。 

八木佳奈さんちの食卓 #week1

こんにちは。フードスタイリストの八木佳奈と申します。 書籍、雑誌、WEB、広告関係で、料理家さんのスタイリングのほか、自身でも料理制作&スタイリングのお仕事をさせていただいています。 プライベートでは10歳と6歳の姉妹の母です。

今回は、普段のごはんを紹介するということで、私が家族に作っている毎日のごはんの中から、気を配っている事や調理法などをお伝えできればと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。

<月曜日・朝>

フードスタイリスト、八木佳奈さんの日々のごはんをご紹介【我が家のごはん日記/八木佳奈さんちの食卓・1】の画像1

ピザトースト、スムージー、梨。

ピザトーストの具は、ウインナー、ピーマン、チーズ、ケチャップ。 ピーマンは輪切りで、子ども用はとても薄く切っています。

ピーマンは苦手なお子さんも多いと思いますが、娘たちも初めは苦手でした。 ピーマンは縦に繊維が走っているので、輪切りにしたほうが繊維を断ち切るので苦味が抜けて、やわらかくなります。初めは、薄ーく切ったピーマン2枚くらいをのせて、「ね? 苦くないでしょ?」から始めて、今では「ピザにはピーマンのせて!」とまでになりました。

合わせる具材も、ハムよりはベーコン、ベーコンよりはウインナーがおすすめ。脂の具合と味わいがよりピーマンに合います。これって、ナポリタンと同じ材料ですよね。鉄板の組み合わせというのは間違いなく美味しいので、苦手を克服させたいときは、王道メニューで挑むことが多いです。

スムージーは、かれこれ何年続けているのか、うちの朝食の定番です。材料は、バナナ、小松菜、ヨーグルトのみ。これをブレンダーで撹拌して出来上がりです。真冬以外のパン食の日にはだいたい飲んでいます。

<火曜日・夜>

フードスタイリスト、八木佳奈さんの日々のごはんをご紹介【我が家のごはん日記/八木佳奈さんちの食卓・1】の画像2

ぶりの照り焼き、かぶのサラダ、和風オムレツ、かぼちゃと油揚げの味噌汁、菜飯。

スケジュールにもよりますが、仕事柄、週に何度かは買い出しに行きます。 スーパーに行った日は、なるべく魚料理にするようにしています。ぶりは登場1、2位を争う魚。調理法はほとんど照り焼きです。照り焼き味、子どもは大好きですよね。ごはんにも抜群に合います。魚がメインの時は、ボリュームが控えめになりやすいので、副菜に大豆製品や卵を使うことも。

この日は、作り置きのなめたけと冷凍ホウレンソウを入れた和風オムレツも焼きました。 サラダにかぶを使ったので、かぶの葉っぱは菜飯に。

<水曜日・朝>

フードスタイリスト、八木佳奈さんの日々のごはんをご紹介【我が家のごはん日記/八木佳奈さんちの食卓・1】の画像3

とろろ納豆ごはん、ねぎとわかめの味噌汁、梨。

朝ごはんは作るのも食べるのも楽なパンになりがちなので、意識してご飯も食べるようにしています。ご飯の時はほぼ納豆。この日はすりおろした長芋、冷凍のオクラ、作り置きのなめたけをのせて。味噌汁の味噌は自家製なのですが、赤みそのように色が濃いうえに、わかめが具なので写真が真っ黒ですね……。

写真は素人なので仕方ないにしても、普段仕事でプロのカメラマンさんに料理を撮影していただいているのを見ているので、どうにもおいしくなさそうに見えて残念(涙)。 特に夜の写真は難しいな……と、撮る度にひそかにがっかりしていますが、この連載はおいしさを伝えるというよりは、普段の工夫をお伝えすることに徹しているんだ! と自分を納得させています……。

<木曜日・夜>

フードスタイリスト、八木佳奈さんの日々のごはんをご紹介【我が家のごはん日記/八木佳奈さんちの食卓・1】の画像4

ニラ入りマーボー豆腐、白菜のコールスロー、大根と油揚げの味噌汁。

フリーランスで仕事をしているので、日々のスケジュールはバラバラ。一日中試作で家にいることもあれば、一日中外で撮影なんて日も。今日は忙しい! という日の夕飯は、朝仕込み派です。

仕込むメニューはその日次第ですが、野菜の副菜は必ず仕込みます。というのも、野菜のおかずって、結構手間がかかるから。うちはレタスをちぎってドレッシングをかけるような生野菜のサラダはほとんど食卓に登場しません。この日も、白菜を千切りにして塩をふり、出てきた水気を軽く切り、レモン汁で和えるサラダを作りました。

忙しく帰ってきてから、大きな白菜を切り、塩をふって時間を置き……なんて不可能です。時間がかかる作業は別の作業の隙間に、並行してやると時間が有効に使えます。いつもより30分早く起きれば、夕飯の仕込みと朝ごはんを並行して準備できます。しんなりした野菜はかさが減り、たっぷり食べられますし、時間を置いたことで味もなじみ、子どもにも食べやすくなりますよ。

野菜の副菜があれば、炒め物や味噌汁くらいは帰ってから15分で作れます。炒め物は作り置きするより出来立てがおいしいので、すっかりこの方法が定着しています。

<土曜日・朝>

フードスタイリスト、八木佳奈さんの日々のごはんをご紹介【我が家のごはん日記/八木佳奈さんちの食卓・1】の画像5

パンオフリュイ、オムレツ、ベーコン、スムージー、梨。

1週間の朝ごはんの中で、一番ゆっくりできるのが土曜日の朝。いつもより時間があるので、オムレツを焼きました。溶いた卵に塩コショウと牛乳を入れて、バターで焼くのが定番です。ふんわり焼けますよ。

時間があるとはいえ、オムレツは大きなフライパンで4人分を一気に作り、4等分していますが……。 撮影で半端に余ったドライフルーツがあったので、パンを焼きました。よっぽど時間がある時は手ごねしますが、今回は生地→1次発酵までホームベーカリーにお任せ。

子どもたちはドライフルーツの入ったパンが大好き。ほんのり甘い朝ごはんは、「しあわせの味」とは長女談。女子ですね。ごはんを食べて、しあわせだな、と思えるのってすごくいいな、うれしいなと思います。

フードスタイリスト、八木佳奈さんの日々のごはんをご紹介【我が家のごはん日記/八木佳奈さんちの食卓・1】の画像6八木佳奈
フードスタイリスト。書籍、雑誌、WEB、広告関係で、スタイリングを手掛ける他、自身でも料理制作&スタイリングを手掛ける。企業のメニュー開発、タレントのフードコーディネートなど幅広く活動。料理が一番魅力的に見えるスタイリングを心掛け、 簡単で、見栄え良く、アイディアあるレシピが得意。 夫と娘2人の4人暮らし。
instagram @yagikana.fs
blog 『お祝いごはん』 https://simplea.exblog.jp/

これまで登場した食卓は
asacoさん(ケータリング「マフィオ」主宰)家の食卓
良原リエさん(音楽家、トイピアニスト)家の食卓
潮田彩さん(「もぐもぐ子ども調理室」主宰)家の食卓
宇藤えみさん(ファッションスタイリスト・フードスタイリスト)家の食卓

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ