2021年3月28日

『いけいけ! しょうがくいちねんせい』【今日の絵本だより 第199回】

シェア
ツイート
ブックマーク

kodomoe本誌連載の「季節の絵本ノート」では、毎回2か月分のおすすめ絵本を15冊、ぎゅぎゅっとコンパクトにご紹介しています。
こちらのweb版では毎週、ちょうど今読むのにいいタイミングの絵本をおすすめしていきます。おやすみ前や週末に、親子で一緒にこんな絵本はいかがですか。

『いけいけ! しょうがくいちねんせい』【今日の絵本だより 第199回】の画像1『いけいけ! しょうがくいちねんせい』
中川ひろたか/文 北村裕花/絵 小学館 本体1300円+税

全国的に、桜の便りも聞かれるこの週末。
真新しいランドセルを前に、入学式までの日にちを数えてドキドキしているお子さんや、ママ、パパも多いのではないでしょうか。
そんな新入学の不安を吹き飛ばしてくれる元気な応援歌、『いけいけ! しょうがくいちねんせい』をご紹介します。

「ぼくたち しょうがく いちねんせい
 なにから なにまで あたらしい
 おひさまみたいに ひかってる
 どうだ まぶしいだろう」
ピカピカのランドセルをしょって、ページから飛び出しそうな勢いで駆け出す子どもたち。

「2ねんせいは にんじんぼうず
 3ねんせいは さといもぼうず」
あらっ、にんじん姿、さといも姿の上級生が(笑)。
4、5、6年生も、予想のナナメ上を行く大胆な姿で登場します。
「でも、
 ぼくたち 1ねんせいは
 いきいきぼうず
 ぼくたち しょうがく いちねんせい
 わかくて とびきり げんきだぜ」

一番小さくたって負けないぞ、という意気込みと、それでもぽろりともれてしまう、初めてのことばかりで不安な気持ち。
涙がこぼれそうでうつむいてしまったときに、そっと手を差し出してくれるのは……。
リズミカルな言葉とダイナミックな絵で心はずむこの絵本は、「応援歌」とご紹介した通り、巻末にお話まるごと歌として歌える楽譜付き。
作曲は、文章を書いた中川ひろたかさん。
「2ねんせいは にわとりか
 3ねんせいは さるかもね」
なんて、上級生に向かって歌ったら怒られそうですが、おうちで家族一緒に歌ったら、緊張で堅くなった心をときほぐしてくれそうです。
さあ、皆さんご一緒に、
「いけいけ! ゴーゴー! いちねんせい
 いいぞ! いいぞ! いちねんせい」
始まりの春、ご入学おめでとうございます。

 

選書・文 原陽子さん
はらようこ/フリー編集者、JPIC読書アドバイザー。kodomoeでは連載「季節の絵本ノート」をはじめ主に絵本関連の記事を、MOEでは絵本作家インタビューなどを担当。3児の母。

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ