2019年1月21日

急なお客様でもあわてない!! 藤原千秋さんの ココだけ掃除でキレイに見せる 前編

シェア
ツイート
G+
ブックマーク

ママ友や親戚が突然の訪問! そんなときでもポイントさえおさえれば5分で快適空間に。お客様に「いつもきれいにしてるね」とほめられちゃう、簡単もてなし掃除を伝授します。
撮影/黒澤義教 イラスト/ちえちひろ 編集協力/田所佐月
(kodomoe2017年2月号掲載)

教えてくれたのは
藤原千秋さん
ふじわらちあき/主に住まいのことを専門とするライター&アドバイザー。メーカーの家事商品開発などにも携わっている。『家事のきほん新事典』(朝日新聞出版)など著書も多い。3女の母。

 

おしゃれなインテリアより清潔で居心地よい空間に!

 突然の来客に大慌て! 限られた時間でゲストを迎える状態に整えるためには、「優先順位をつけることが大事」と語るのは、住まいまわりの専門家でお掃除についての著書も人気の藤原千秋さん。
「掃除を始める前に、お客様が何を見てどう感じるか、俯瞰的な目線を持っておくことが大切です。よそのお宅に訪問した際は、居心地のよさを重視したいですよね。インテリアがおしゃれなのも素敵だけれど、まずは清潔感のある空間かどうかがポイント。直に触れるスリッパや食器などが衛生的か、変なニオイはしないかなどは、つい気になるもの。小さい子どもが一緒なら、安全面も大事。床に誤飲しそうな小物が落ちていないかのチェックを優先。多少の埃はお互い様だから、目を瞑って(笑)」
 ココだけおさえればキレイに見えるお掃除メニュー、いざ実践!!

 

ゲストはココを見ている!
住んでいる本人は気づいていないかも……

便座カバーがなんとなく湿ってる。
いつ替えたのか不安……。

テーブルがコップ跡だらけ!
生活感があり過ぎる~。

洗面所のボウルに
歯磨き粉がこびりついてる!

玄関まわりが鉢植えやら
ベビーカーやらで、ゴッチャゴチャ!

 

ココだけおさえよう!
もてなし掃除の心得4条

1. 手や体が触れるものは
“ゲスト専用”にする

スリッパや洗面所のタオルなど、ゲストが必ず触れるものは、清潔感が第一。普段用とは分けて、お客様用を用意。埃除けで袋などに入れ保管。

2. おしゃれな部屋より
安全な部屋に!

ママ友など子連れのゲストを招くときは、ケガや誤飲の原因となるものを、あらかじめ撤去しておきましょう。拭き掃除より優先度は上!

3. ニオイ対策は
来客前5分が勝負!

住人は慣れてしまっている家のニオイは意外と気になる! 特に玄関やトイレは、お香などすぐに香りの立つもので来客直前にマスキング。

4. 水まわりの清潔感は
“見せない”が原則

歯ブラシ立てや生ゴミ、使った食器類などリアルな生活感を醸すものは、不潔な印象を与えるおそれも。見えない場所にしまうのがベスト。

1 2
シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ