2018年5月31日

ストレス0!の洗濯テクニック 前編

シェア
ツイート
G+
ブックマーク

もうすぐ梅雨到来。乾きにくい、ニオイがするetc.洗濯のストレスが大きくなる時期です。
でもコツを押さえれば、洗濯はぐっとラクに&快適になります。さっそく、洗濯ハカセに教えてもらいましょう!
(kodomoe2017年6月号掲載)
監修/大貫和泉(ライオン お洗濯マイスター) イラスト/柴田ケイコ

kodomoeママの洗濯のお悩み

部屋がじめじめする

なかなか乾かない洗濯物がどんどんたまってしまい、部屋の湿度はMAXに。「カーテンとかソファまでカビが生えそうで、なんか不快」(sanaさん/3歳女の子ママ)

イヤなニオイ

雑巾のような、生乾きのイヤ~なニオイ。いわゆる「部屋干し臭」は、お悩みの中でもトップ1! 「せっかく洗濯したのに、乾く前にもうニオイがしてしまい、また洗濯し直し……なんてことも」(T.Kさん/10歳&5歳女の子ママ)

汚れ落ちが悪い

Yシャツの衿・袖汚れ、子どもの食べこぼしなどは、普通に洗ってもなかなか落ちません。「干すときに汚れが残っているのを見ると、ガックリ」(A.Kさん/3歳女の子、1歳男の子ママ)

洗濯物が乾きにくい

湿度が高いため洗濯物が乾きにくく、乾いたと思ってもどことなく湿っていることも。「なかなか乾かず、干す場所がなくなる〜!」(まちゃママさん/4歳男の子ママ)

 

イヤなニオイのメカニズム

衣類に付いている菌が洗い残しの汚れを分解したり、汚れ自体が酸化してニオイが発生。水分があると菌は増殖するので、湿度が高い梅雨はよりニオイが発生しやすい。


ニオイのもとは菌!

● 菌を持ち込まない
● 菌を残さない     

● 菌を増やさない 

この「菌対策3原則」が大事!

1 2
シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ