2019年3月4日

インフルエンザや花粉症予防に!免疫力をあげるスーパーフード

シェア
ツイート
G+
ブックマーク

感染する人は免疫力が弱っている!?

いつもに増して猛威を振るっている今年のインフルエンザ。これからの時期は花粉症も心配です。症状の出やすさには免疫力が関わっていて、普段の食事や睡眠の質に気を付け、免疫の力が備わっている人ほど、ウイルス感染症(インフルエンザ・エイズ)や花粉症にかかりにくいといわれています。

実は、免疫細胞の60~70%は、腸に存在します。そのため、免疫力アップには「腸活」が欠かせません。腸管は〝内なる外”(=口とつながっている)と言われ、アカモクなどの「スーパーフード」を摂取することで、インフルエンザや花粉症にかかりにくい体ができていくのだそうです。

感染症予防に取り入れたいスーパーフード

アカモクは、ギバサとも呼ばれる海藻の一種で、栄養価が高く、特に多く含まれるフコダインがインフルエンザなどのウィルスの増殖を防いでくれます。アカモクを効果的に摂るポイントは、空腹時にスプーン1杯程度を、1日に2~3回に分けて食べること。ねばねばトロリとした食感が特徴です。現在は、お湯を注ぐだけで、アカモクのスープ、お味噌汁ができるフリーズドライのパックも販売されています。ズボラさんでもフリーズドライなら、スーパーフードが毎日摂取しやすいですね。
フリーズドライをくだいて、食材に混ぜて使うと、調理がぐんと楽になります。海藻が苦手なお子さんでも、おにぎりや調味料なら、喜んで食べくれるのではないでしょうか。簡単なレシピをご紹介しますので、おうちでも試してみてくださいね。

★アカモクおにぎり
フリーズドライのアカモクをくだいて粉ごなにして、炊き立てごはんに混ぜるだけ。そのまま握れば、塩いらず! ほんのり出汁の味がきいています。 

★アカモクバター
フリーズドライのアカモクをくだいて粉ごなにして、常温にもどしたバター(マーガリン、マヨネーズでも可)と混ぜます。アカモクバターは、トーストなどに塗ってもよく合います。味噌汁用のものだと、ほんのり味噌バター味になって美味ですよ! 冷蔵で保存可能。

■アカモクスープ(フリーズドライ)
http://www.niconico-nori.co.jp/new/201807/akamoku_soup.html
アカモクのおみそ汁(フリーズドライ)
http://www.niconico-nori.co.jp/new/201401/gibasa_series.html
発売:ニコニコのり

シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ