たっぷり食べられて温まる「豚肉と白菜の重ね蒸し」。人気保育園のレシピを公開!【ピヨピヨ保育園のごはん・6】
2020年3月30日

たっぷり食べられて温まる「豚肉と白菜の重ね蒸し」。人気保育園のレシピを公開!【ピヨピヨ保育園のごはん・6】

シェア
ツイート
ブックマーク

神奈川県・鎌倉市にある「ピヨピヨ保育園」。緑豊かな環境の中で泥んこ遊びや水遊びをしたり、虫捕りや草花観察をしたり。丈夫でしなやかな心と身体を育てる保育の方針が、地元でも人気です。旬の食材を取り入れた、滋味あふれるごはんも、子どもたちの毎日には欠かせません。そのレシピとポイントをうかがいました。

美味しく完食できる保育園レシピ。
薄味なのにしみじみ美味しい『ピヨのごはん』

今回は優しい味わいの「豚肉と白菜の重ね蒸し」と噛みごたえを楽しむ「根菜のきんぴら」を紹介します。

「豚肉と白菜の重ね蒸し」と「根菜のきんぴら」のレシピ

豚肉と白菜の重ね蒸し・根菜のきんぴら・七分づき米・豆腐となめことねぎのみそ汁

甘みのある白菜と柔らかな豚肉の組み合わせが、小さな子どもにも食べやすい豚肉と白菜の重ね蒸し」。水を使わなくても、白菜から出る水分が美味しいスープになります。お好みで少量のご飯を入れて雑炊にすればボリュームのある昼ご飯に。

「根菜のきんぴら」は、さまざまな根菜を子どもに食べやすく、細すぎない大きさにカット、調理します。ごぼう、人参の噛みごたえとエリンギ、こんにゃく、ピーマンなどのさまざまな食感を楽しみながらいただきます。

豚肉と白菜の重ね蒸し

材料(4人分)

豚肩ロース薄切り 160
白菜 220
塩 少々

1. 厚手の鍋に洗った白菜を交互に敷きつめる。
2.白菜の上に豚肉を一面に敷き、全体に少量の塩をふる。
3.12をくり返す。
4.しっかりふたをして、弱火でゆっくり火を通す。
5.付け合わせの人参、ブロッコリーを鍋のはじで一緒に煮る。
6.皿に出し、切り分けていただく。

根菜のきんぴら

材料(4人分) 

ごぼう 140g
人参 60g
エリンギ 80g
こんにゃく 80g
ピーマン 30g
ごま油適量・しょうゆ 大さじ1と2/3
みりん 大さじ1と2/3
だし汁 少々
炒りごま少々

1.ごぼうは縦半分に切り、3mm厚の斜め切りにする。
2. 人参、エリンギも縦半分に切り、5mm厚の斜め切りに。
3.こんにゃくは半分に切って、5mm厚にする。
4.ピーマンは種を取り、細切りに。
5.13をごま油で炒め、しんなりしてきたら4も加える。
6.だし汁、調味料を加え、汁気がなくなるまで炒り煮する(だし汁のかわりに、けずり節と水少々でもOK)。
7.火を止めてから、炒りごまをふる。

ここがポイント!

茹でても蒸しても美味しい白菜は、カリウムをはじめとしたミネラルやビタミンを豊富に含んだ、子どもにも人気の葉野菜です。ほのかな甘みがある白菜と豚肉は相性抜群。脂肪分のある肩ロース肉を白菜の風味でさっぱりと食べることができます。味付けは少量の塩のみですが、子どもの味覚は自然の風味をしっかりとらえています。

「根菜のきんぴら」は噛みごたえを楽しむ一品です。レシピではごぼう、人参、エリンギを使っていますが、レンコン、さやえんどう、しめじなど冷蔵庫にあるものでOK。多めに作って冷蔵庫で保存しておけば忙しい時にも重宝しますよね。(ピヨピヨ保育園 調理担当 栄養士 成田江美さん)

ピヨピヨ保育園のごはん一覧はこちら

ピヨピヨ保育園は、鎌倉で長い歴史を持つ、社会福祉法人です。四季を通じて、水遊び、泥んこ遊び、海遊び、虫捕り、草花観察をしながらの散歩、山登りなど、仲間や保育士との豊かな遊びや体験を積み上げて、丈夫でしなやかな心と身体を育てる保育をしています。食事・おやつは健康な体づくりのため、野菜、海藻、豆類などを多く取り入れ、安心で新鮮な食材を選び、素材の味を大切にしています。 
https://piyopiyo-kamakura.jimdo.com/

取材協力/ピヨピヨ保育園 ピヨピヨ保育園父母会 写真/SEI・ピヨピヨ保育園 取材・文/柳沼結美

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ