2024年6月1日

今や、大人になった子どもらが誰かと一緒に料理をしている。我が家の台所の世代交代【日登美のタベコト in Berlin・74】

 ベルリン在住で6人の子どものお母さん。モデルとして活躍する傍ら「台所から子育て、暮らしを豊かに」をコンセプトに、オンライン講座とウェブサイトを主宰している日登美さんによる、「食」からはじまるエッセイです。

台所の世代交代

小さい頃から我が家では台所で子育てをしてきた、と言っても過言ではありません。だからといって、すんごいご馳走を作ってきたとか、そういうことではなくて、なんとなくみんなが集まってくる場所。なんとなくみんなが手を動かしている場所、が台所でした。

台所で一緒にいろいろ作ってた幼少期。今も下の子は暇があれば一緒に台所にいるという。時代は繰り返す!

上の子どもたちが小さいときは、なんでも手作りして頑張っていたときもありますが、今では子どもも増えたし、年とともにだいぶん手を抜く加減がわかってきて、やっと自分らしいリズムができてきたように思います。

今ではすっかり大人になった子どもらが、誰かと一緒に料理してる姿にほろりとくる母心(笑)。

なんでも台所で作っていた時代に、なんでも一緒に子どもとやってきた時期があったのですが、気がつけばその子どもたちはすっかり大人になって、今ではその子たちが友達や彼女や彼氏となんとなく台所にやってきて、なんとなく料理をしている。

まるで台所で世代交代したような時が最近よくあります。そういうのを見ているとなんだかほのぼのしてしまいます。

台所に立つ。ご飯を作る。暮らしを一緒に紡げる人と一緒にいるのをみると母は安心してしまう。良いなぁ若者よ。

何を食べるとか、何を作るとか、どう食べさせるとか、そういう食育に一生懸命になっていた時期もあったけど、もしかするとそれよりも大事なこと。それは、大きくなって子どもが親の手元を離れていくときに、今度は子ども自身が「なんとなく」のリズムを台所で紡ぎ始めること。台所の風景を自分で紡いでいってくれること。

そういう何か温かいものが伝わっていくことが食育だったんだなぁと、大きくなった子どもたちを眺めていて思うのです。

こうしておチビさんと今も台所であれこれ楽しく作って食べる。その先にあるのが未来の台所。

【「思春期倶楽部」のお知らせ】
思春期について茶話会形式のオンライン講座を開催します。
66日(木)、13日(木)、20日(木)、27日(木)全4
詳細は日登美のインスタプロフィールの@mit_te_mitのリンクより御覧ください。〈申し込み締め切り:6月2日(日)〉

日登美/ひとみ
3男3女6児の母。10代よりファッションモデルとして雑誌、広告等で活躍。その後自身の子育てから学んだ、シュタイナー教育、マクロビオティック、ヨガなどを取り入れた自然な暮らしと子育てを提案した書籍、レシピ本など多数出版。現在はモデルとして活躍する傍ら、オーガニック、ナチュラル、ヘルシーをモットーに、食、暮らしと子育てのワークショップ、オンライン講座などを行う。 

台所から子育て、暮らしを豊かに。「Mitte(ミッテ)
instagram / @hitomihigashi_b
音声プラットホームvoicyで「日登美のイロイロ子育てラジオ」発信開始!

キーワード:
シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ

平素は白泉社をご愛顧いただき、心より感謝申し上げます。
今後も皆さまに、より安心して弊社サービスをご利用いただくことを目的とし、2024年7月22日(月)より、プライバシーポリシーの内容を改訂いたしますことをお知らせいたします。

改定日2024年7月22日(月)
改定前・改定後の内容は以下よりご確認ください。
【改訂前】https://www.hakusensha.co.jp/privacy_2407/
【改訂後】https://www.hakusensha.co.jp/privacy/
個人情報の収集・管理・活用については、引き続きプライバシーポリシーに基づき、適切な取り扱いに努める所存です。
何卒よろしくお願い申し上げます。

確認しました