2024年4月6日

食卓は、男性女性関係なく、みんなでチームワーク。ドイツのスタンダードを息子たちにも伝えたい【日登美のタベコト in Berlin・70】

 ベルリン在住で6人の子どものお母さん。モデルとして活躍する傍ら「台所から子育て、暮らしを豊かに」をコンセプトに、オンライン講座とウェブサイトを主宰している日登美さんによる、「食」からはじまるエッセイです。

イースターのお茶会

ドイツではイースターホリデーがやってくると、長い冬がいよいよ終わって春がきた!という喜びでいっぱいになります。

イースターには季節のお菓子を焼いて親戚を訪ね、家族で集うのが我が家の恒例行事。クリスマスやイースターは日本でいうお盆やお正月みたいなものです。

季節のお菓子作りってたのしい!とパジャマのままでワイワイやっている姉妹。

家族の集まりにデザートは欠かせません。イースターの焼き菓子をお土産に。

親戚と集まってもみんなが長く居るのはやっぱり食卓。そして食事はだいたい男性陣が作ってくれたり、女性が作る時は片付けを分担したりといつもみんなでチームワークです。女性やお母さんだけが台所を担当するなんてことはありません。

女性陣の話に花が咲けば男性陣が「お茶でも淹れようか?」なんて言ってくれるのは日常茶飯事です。むしろ奥さんにお茶ひとつ出してあげられないようでは一人前の男性とは言えないよ! というのがこっちのスタンダードと言えるかも。なので私も自分の息子たちにはしっかりそのスタンダードを伝えていきたいと思っています。

食卓に集まってイースターエッグを作る人たち。

台所でも男女平等。そして心遣いをするのに性別は関係ありません。それを食卓からも伝えていくことができます。

そんな風にして、日本だけでなく海外のスタンダードの良いところを取り入れながら、みんなにとって心地良い食卓や台所の新しいスタンダードが作られていくといいなと次の世代に向けても思うのです。

今回も88歳のひいおじいちゃんが料理を担当。この日は味噌バターソースのパスタを作ってくれました。

春って最高!って毎年思うドイツライフ。

日登美/ひとみ
3男3女6児の母。10代よりファッションモデルとして雑誌、広告等で活躍。その後自身の子育てから学んだ、シュタイナー教育、マクロビオティック、ヨガなどを取り入れた自然な暮らしと子育てを提案した書籍、レシピ本など多数出版。現在はモデルとして活躍する傍ら、オーガニック、ナチュラル、ヘルシーをモットーに、食、暮らしと子育てのワークショップ、オンライン講座などを行う。 

台所から子育て、暮らしを豊かに。「Mitte(ミッテ)
instagram / @hitomihigashi_b
音声プラットホームvoicyで「日登美のイロイロ子育てラジオ」発信開始!

キーワード:
シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ

平素は白泉社をご愛顧いただき、心より感謝申し上げます。
今後も皆さまに、より安心して弊社サービスをご利用いただくことを目的とし、2024年7月22日(月)より、プライバシーポリシーの内容を改訂いたしますことをお知らせいたします。

改定日2024年7月22日(月)
改定前・改定後の内容は以下よりご確認ください。
【改訂前】https://www.hakusensha.co.jp/privacy_2407/
【改訂後】https://www.hakusensha.co.jp/privacy/
個人情報の収集・管理・活用については、引き続きプライバシーポリシーに基づき、適切な取り扱いに努める所存です。
何卒よろしくお願い申し上げます。

確認しました