2023年3月11日

子どもの友だちが泊まりに来たら夕飯に何を出す? ドイツでは「パン」だけでいい【日登美のタベコト in Berlin・43】

 ベルリン在住で6人の子どものお母さん。モデルとして活躍する傍ら「台所から子育て、暮らしを豊かに」をコンセプトに、オンライン講座とウェブサイトを主宰している日登美さんによる、「食」からはじまるエッセイです。

ドイツの食卓から見つけた手抜きで暮らしを豊かにする方法

ドイツの食卓ってほんと楽なの。この楽に慣れてしまっていいのか!と日本人の私としては思ってしまうのですけど、やっぱりこれくらいでいいんじゃないか?!という気もしている今日この頃です。

朝も夜も美味しいパンがあればいい、っていうルーティンって、シンプルでいいなと思う。

子どもの友達が急に来たって慌てない! ご飯とおむすびだけで十分!

実際に子どもたち、特に小さい子どもたちって、ようく眺めてみるとそんなに食卓に期待はしていないんですね。ドイツの子どもたちの食卓ってシンプルなんです。夕飯はパンが基本なので、学校が終わって家に帰ったら、お腹が空いててパンを食べる。それで今日はそのまま寝られる。みたいな(笑)、本当に毎日その繰り返し。

なのでお友達の家にお泊まりに行っても、「何食べたの?」って聞くと「パン!」と自信満々で答えてくれます。その程度でいいので、私も人を迎えるのが楽。気張らなくていいんです。おかげで人との交流ハードルがぐっと下がりました。パンさえ買ってあればいいのだから!

日本でいえば、ご飯さえ炊けてればいい、って感じでしょうか。実際そんなもので子どもらはいいのですよね、本当は。でもよそのご家庭の手前、ご飯と味噌汁だけじゃね……、なんてことも多いのではないでしょうか?

お茶漬けも実は人気なのでご馳走感覚。日本で買いだめしたものを出してあげると喜ばれる。

なんなら学校の帰り道にサンドイッチにかぶりつき夕飯は補う程度にするのもあり。食事に時間をかけないのは子どもとの日々の暮らしを助ける。

手の込んだ食卓もいいけれど、手を抜くことで日々の暮らしのクオリティが上がる、ということもある。いいバランスを見つけていきたいな、とドイツ家庭の食卓を眺めて思っています。

夕飯後のおしゃべりタイム。そこに時間をかけることの方が多いドイツの家庭。

日登美/ひとみ
3男3女6児の母。10代よりファッションモデルとして雑誌、広告等で活躍。その後自身の子育てから学んだ、シュタイナー教育、マクロビオティック、ヨガなどを取り入れた自然な暮らしと子育てを提案した書籍、レシピ本など多数出版。現在はモデルとして活躍する傍ら、オーガニック、ナチュラル、ヘルシーをモットーに、食、暮らしと子育てのワークショップ、オンライン講座などを行う。 

台所から子育て、暮らしを豊かに。「Mitte(ミッテ)
instagram / @hitomihigashi_b
音声プラットホームvoicyで「日登美のイロイロ子育てラジオ」発信開始!

キーワード:
シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ

平素は白泉社をご愛顧いただき、心より感謝申し上げます。
今後も皆さまに、より安心して弊社サービスをご利用いただくことを目的とし、2024年7月22日(月)より、プライバシーポリシーの内容を改訂いたしますことをお知らせいたします。

改定日2024年7月22日(月)
改定前・改定後の内容は以下よりご確認ください。
【改訂前】https://www.hakusensha.co.jp/privacy_2407/
【改訂後】https://www.hakusensha.co.jp/privacy/
個人情報の収集・管理・活用については、引き続きプライバシーポリシーに基づき、適切な取り扱いに努める所存です。
何卒よろしくお願い申し上げます。

確認しました