2022年1月11日

『おもちちゃん』【今日の絵本だより 第265回】

kodomoe本誌連載の「季節の絵本ノート」では、毎回2か月分のおすすめ絵本を15冊、ぎゅぎゅっとコンパクトにご紹介しています。
こちらのweb版では毎週、ちょうど今読むのにいいタイミングの絵本をおすすめしていきます。おやすみ前や週末に、親子で一緒にこんな絵本はいかがですか。

『おもちちゃん』【今日の絵本だより 第265回】の画像1『おもちちゃん』
きたがわめぐみ/作 アリス館 1430円

1月11日は、鏡開きの日。
皆さん、今年のお正月は、おもちは食べましたか?
鏡開きでこれからお雑煮やおしるこの予定、というお家もあるでしょうか。
今回は昨年末に発売になったばかりの新刊絵本、『おもちちゃん』をご紹介します。

「こんにちは おもちです!」
おもちのおいしさを広めるために、わくせいおもちから勢いよく飛んできたのは、おもちちゃん。
大気圏突入の勢いでこんがり焼けていますが、パラシュートのようにぷくうっと体をふくらませて、無事に着陸。
わくせいおもちの仲間も、次々に空からやってきました。
「うすです!」
「きねです!」
お米に蒸し器などのおもちつきの道具をはじめ、きなこ、しょうゆ、のり、つぶあんにこしあん、他にもたくさん。
そこへ、うさぎちゃん、ねずみちゃん、たぬきちゃん、おもちが大好きな森の仲間も大勢集まって、さあ、おもちつきを始めましょう。
……と思ったら、お米をお水につけた後は、一晩待つんですって。
楽しみすぎて待ちきれなくて、うすやきねのそばで、そのまま眠るみんな。
朝日が昇ったら、さあ、いよいよお米を蒸しましょう!

登場する道具も食材も動物も、みんなずーっとニッコニコ。
おもちつきってこんなに楽しいイベントなんだ、と読んでいるこちらもワクワクするくらい。
「それでは みなさん ごいっしょにー!」
と呼ばれるままに、
「おもちっ」
「おもちっ」
と声を合わせれば、おもちつき未経験の読者もどんどん気分が高まります。
おもちって、楽しくてうれしくて、特別に幸せな食べもの。
そんな読後感ですっかりおもち信者になりそうな、おいしさあふれる一冊です。

 

選書・文 原陽子さん
はらようこ/フリー編集者、JPIC読書アドバイザー。kodomoeでは連載「季節の絵本ノート」をはじめ主に絵本関連の記事を、MOEでは絵本作家インタビューなどを担当。3児の母。

 

 

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ

平素は白泉社をご愛顧いただき、心より感謝申し上げます。
今後も皆さまに、より安心して弊社サービスをご利用いただくことを目的とし、2024年7月22日(月)より、プライバシーポリシーの内容を改訂いたしますことをお知らせいたします。

改定日2024年7月22日(月)
改定前・改定後の内容は以下よりご確認ください。
【改訂前】https://www.hakusensha.co.jp/privacy_2407/
【改訂後】https://www.hakusensha.co.jp/privacy/
個人情報の収集・管理・活用については、引き続きプライバシーポリシーに基づき、適切な取り扱いに努める所存です。
何卒よろしくお願い申し上げます。

確認しました