2023年1月3日

「うちって普通の家じゃない?」子どもの切ない気づきに返す言葉は……【別居、はじめました。・10】

働いていると思っていた夫は、実は無職で家族の貯金を使ってごまかしていた。順風満帆だと思って生活が一転。そこで選んだ道は離婚、ではなく一旦の別居。第3回マママンガ賞グランプリ獲得のharusameさんが描く「家族だけど離れて暮らす」。新しい家族の形を模索した日々の記録。

10話 ふつうのお家

「うちって普通の家じゃない?」子どもの切ない気づきに返す言葉は……【別居、はじめました。・10】の画像1

「うちって普通の家じゃない?」子どもの切ない気づきに返す言葉は……【別居、はじめました。・10】の画像2

「うちって普通の家じゃない?」子どもの切ない気づきに返す言葉は……【別居、はじめました。・10】の画像3

「うちって普通の家じゃない?」子どもの切ない気づきに返す言葉は……【別居、はじめました。・10】の画像4

「うちって普通の家じゃない?」子どもの切ない気づきに返す言葉は……【別居、はじめました。・10】の画像5

harusame
会社員として働きながら、中学生&小学生&保育園児の年の差三兄弟を育てています。旅行好きが高じて、子連れで世界一周を含む18か国を旅したり、自宅で民泊したりも。趣味はイラストを描くこと、服を作ること、DIY全般。好きな食べ物は、春雨。

Instagram:@harusamemanga
note:https://note.com/harusamechan/

第3回マママンガ賞グランプリ受賞作はこちら! 
「別居ときどき晴れ・前編」
「後編」

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ