浴室はカビ対策をメインに。カビ・ダニ対策は秋が勝負!【最新号からちょっと見せ】
2021年10月10日

浴室はカビ対策をメインに。カビ・ダニ対策は秋が勝負!【最新号からちょっと見せ】

シェア
ツイート
ブックマーク

梅雨から夏にかけて大量に増えたカビやダニ。その影響で、秋にアレルギーを発症する人も多いため要注意。
kodomoe10月号では、家事・掃除・住宅アドバイザーとして活躍する藤原千秋さんに教わる「カビ・ダニ対策は秋が勝負!」をご紹介。kodomoe webでは、その中から一部をご紹介します。

浴室

湿度の高さはNo.1! カビ対策メインで

石けんカスなどの汚れと水気が合わさると、カビが大発生! 掃除と換気をルーティンに。

床・壁・天井

汚れと水気が残りやすい床は、雑菌だらけ。掃除を怠りがちな壁や天井も、飛び散った石けんカスなどをエサに、カビが繁殖します。

浴室はカビ対策をメインに。カビ・ダニ対策は秋が勝負!【最新号からちょっと見せ】の画像1床と壁のカビには
塩素系漂白剤を

カビは風呂用の中性洗剤では落ちないので、塩素系漂白剤を吹き付けて20分置き、水洗い。タオルでしっかり水気を拭き取る。必ず換気しながら行って。

浴室はカビ対策をメインに。カビ・ダニ対策は秋が勝負!【最新号からちょっと見せ】の画像2

浴室はカビ対策をメインに。カビ・ダニ対策は秋が勝負!【最新号からちょっと見せ】の画像3目の高さより上の場所は
消毒用エタノールで拭く

塩素系漂白剤が液垂れして、顔や体にかかると危険。壁の高い位置や天井は、消毒用エタノールで拭き取るのが基本。カビの生えていない場所もエタノールで殺菌しておくと、繁殖を予防する効果が。

浴室はカビ対策をメインに。カビ・ダニ対策は秋が勝負!【最新号からちょっと見せ】の画像4

 

基本のカビ取り方法

浴室はカビ対策をメインに。カビ・ダニ対策は秋が勝負!【最新号からちょっと見せ】の画像5

から拭きや掃除機で吸うのは厳禁。胞子が飛び散り、かえって増殖!

水で洗えるものは、塩素系漂白剤で

キッチンや浴室などは、塩素系漂白剤を吹きかけ殺菌してから、水でしっかり洗い流す。

水が使えないものは、消毒用エタノールで

家具などは、消毒用エタノール(アルコール70%程度)を吹き付けた布やペーパーで拭き取る。

教えてくれたのは
藤原千秋さん
ふじわらちあき/大手住宅メーカー勤務を経て、家事・掃除・住宅アドバイザーとして活躍。『この一冊ですべてがわかる! 家事のきほん新事典』(朝日新聞出版)など著監修書多数。

イラスト/macco(kodomoe2021年10月号掲載)

kodomoe10月号「カビ・ダニ対策は秋が勝負!」では他にも、リビングや冷蔵庫、寝室などの「優先度別 カビ・ダニ攻略作戦!」をご紹介♪

「放置しておくとアレルギー発症の要因に! カビ・ダニ対策は秋が勝負!」は、kodomoe10月号でお楽しみください!

浴室はカビ対策をメインに。カビ・ダニ対策は秋が勝負!【最新号からちょっと見せ】の画像6

詳しくはこちら!

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ