「理想のインテリア」をかなえるには?  kodomoe×アルネットホームの家 vol.4
2020年11月27日
[PR]

「理想のインテリア」をかなえるには? kodomoe×アルネットホームの家 vol.4

シェア
ツイート
ブックマーク

子どもがのびのびと育ち、ママもパパも快適で暮らしやすい家づくりを提案する、kodomoeの家づくりプロジェクト。
「おうち時間」をより気分よく楽しく過ごすためには、インテリアが大きなポイント! 今回は家を建てる際にインテリアをどのように決めていくかについて、アルネットホーム柏の葉展示場店長の中原祥太郎さんに教えてもらいました。

理想を形にしていく
いちばん楽しいステップ

「インテリアは、間取りが固まった後にインテリアコーディネーターと相談しながら進めていきます。家づくりの段階では後半部分にあたり、夢が具体化していくステップ。『インテリアの相談がいちばん楽しい』というお客様も多く、理想の住まいに近づいていく様子が実感できることでしょう。
決める項目は、キッチンや洗面所、風呂場などの設備関係から、建具(ドアなど)、壁紙や床の材質や色、コンセントの位置まで多岐にわたります。平均的には2~3か月かけて6~7回ほど打ち合わせを重ねて決めていくことが多いです。インテリアにこだわりを持つお客様は多いので、私たちもじっくり時間をかけて進めていきます」

トータルでオーダーすれば
統一感のあるインテリアに

「インテリアで決めることの中には、カーテンや照明なども含まれます。お客様ご自身で好きなテイストのものを探して手配し、持ち込んでいただくのももちろんOK。既存の家具をそのまま使う場合はコンセントの位置などに制限があったり、その家具を収めるために調整が必要なこともあるので、事前にご相談することをおすすめします。
お客様ご自身では手配が難しかったり迷ってしまう場合は、インテリアコーディネーターに任せるのもひとつの手。カーテンや照明をはじめ、家の中全体の雰囲気を考えたものを選んでくれるので、全体に統一感のある雰囲気にまとまりますよ。
アルネットホームでは、棚などの家具についても作り付けにもできる限り対応していますので、ご相談いただければと思います」

予算の上限がある場合は
こだわりに順番をつけて

「こだわりがギュッと詰まったインテリアにしたい、というのは多くのお客様の理想ですが、すべてを理想通りにしようとすると予想外に費用がかさむ場合もあります。予算内で収めるには、こだわりたいポイント順に優先順位をつけるといいでしょう。どの部分が目立つか、全体の雰囲気に及ぼす影響が大きいかなど、経験豊富なインテリアコーディネーターが的確にアドバイスします。
具体的に『こうしたい』というイメージがある場合は、好みのインテリアの画像を見つけてインテリアコーディネーターに見せるのもおすすめです。コーディネーターはその画像からお客様の好みのエッセンスを汲み取り、すべてが理想通りでなくても、予算と好みのバランスがとれた着地点を提案します」

【まとめ】

インテリアは理想の住まいをかなえる大事な要素。決めていく際は以下のポイントを念頭に置いておくと、スムーズです。

.好みのインテリアの画像サンプルを用意すると◎

迷う場合はまとめてハウスメーカーに頼むのも手

予算と理想の着地点を見つけていく

教えてくれたのは
中原祥太郎さん

Profile
なかはらしょうたろう/アルネットホーム柏の葉展示場店長。「お客様の気持ちを汲み取りつつ、自分がお客様になったつもりで、納得のいく家づくりのお手伝いをすることが自分にとっての幸せです」

kodomoeが考える、子どもがすくすくと育ち、ママやパパも快適に過ごせる「子どもがあと伸びする家」を、アルネットホームの新越谷展示場に建築中。来年、2021年1月に完成予定です。

2020年11月、棟上げの様子。家を建てる時に最も重要な骨組みが完成しました!

kodomoe×アルネットホーム https://www.alnethome.com/lp_kodomoe/
イラスト/ momoro 協力/アルネットホーム Photo/LA VING伊勢崎・つくばショールーム

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ