インテリアになる菜園づくり。見せ方のコツ【今日からはじめる、おうち菜園・1】
2019年5月23日

インテリアになる菜園づくり。見せ方のコツ【今日からはじめる、おうち菜園・1】

シェア
ツイート
ブックマーク

ベランダやキッチンで野菜やハーブを育てている人も多いのでは。かわいいものが大好きなkodomoe読者におすすめしたいのが、「おいしく食べられて、インテリアにもなる」、そんなお得でおしゃれなおうち菜園。すぐに始められるアイディアやコツをガーデニングクリエイターのたなかやすこさんに教えてもらいました。

 

インテリアになる菜園づくり。見せ方のコツ【今日からはじめる、おうち菜園・1】の画像1自宅で野菜を育て、それを食卓へ。
子どもたちと一緒にイベントのように
楽しんでほしいなぁと思います。

 

インテリアになる素敵な菜園づくり

おうちのベランダやキッチンで「おいしく食べる&かわいい」菜園づくりを実践している、たなかやすこさんのお宅にお邪魔してきました。お菓子の缶や残り野菜を使った菜園の見せ方は必見。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

プチプラで完成。ナチュラルプランター

インテリアになる菜園づくり。見せ方のコツ【今日からはじめる、おうち菜園・1】の画像2

ホーロー製のバケツでナチュラルテイストに
100均や雑貨屋さんで買えるホーローバケツ。水はけ用の穴をあければ、プチプラプランターが完成!

 

 

身近なキッチン雑貨を使って見せるハンギング

インテリアになる菜園づくり。見せ方のコツ【今日からはじめる、おうち菜園・1】の画像3

コランダーで栽培しそのまま食卓へ
コランダーのポットなら菜園からダイニングへ直行なんてことも。子どもたちも盛り上がる演出になりますよ。野菜を保存する金網の吊りカゴなども菜園アイテムに。

 

インテリアになる菜園づくり。見せ方のコツ【今日からはじめる、おうち菜園・1】の画像4

お菓子のクグロフ型が個性的なポットに変身
独特の波線やホーロー素材が個性的でキュート。キッチングッズが菜園のアクセントに変身します。

 

 

すぐに使える! “缶テクニック”

インテリアになる菜園づくり。見せ方のコツ【今日からはじめる、おうち菜園・1】の画像5

空き缶は菜園のおしゃれ必須アイテム
デザインが素敵な缶はそのままに、少し古くなった缶は白くペイントして再登板。新しいものを購入せずともOK。

 

 

捨てちゃうものをラクちんプチ・リメイク♪

インテリアになる菜園づくり。見せ方のコツ【今日からはじめる、おうち菜園・1】の画像6

捨てるはずのジュースパックでディスプレイ
かわいい缶やジュースの空きパックをポット代わりに。緑とポップなパッケージがよく合います。

古いプランターはペイントして再利用
古くなったポットやプランターには、くすんだパステル色を塗り、少しヤスリをかけてアンティーク風に仕上げます。

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ