子どもの肌トラブルレスキュー!こんな症状が出たらどうしたら良い?~後編~
2020年2月10日

子どもの肌トラブルレスキュー!こんな症状が出たらどうしたら良い?~後編~

シェア
ツイート
ブックマーク

前編では乳児期のスキンケアが小児アレルギーの予防になることをお届けした、子どもの肌のトラブル。
では実際に、肌にトラブルが現れた場合はどうしたら良いのでしょうか。さまざまな原因が考えられる子どもの肌トラブル。
ここでは、子どもに発症しやすい代表的なトラブルの原因&症状とその対処法をご紹介します。

春に目のまわりが真っ赤に!!

花粉症の可能性があります。
日々の生活で対策を!

子どもの肌トラブルレスキュー!こんな症状が出たらどうしたら良い?~後編~の画像1

「今は早くて3歳から花粉症が出る時代です。目をかゆがる以外に鼻が詰まっているようなら花粉症の可能性が。外出時にできるだけ花粉を吸わないように心がけ、保湿も徹底して。体を花粉に慣らすことで症状を和らげる“舌下免疫療法”も12歳から行えるので、ぜひ試してみて」

 

手や足、口のなかに発疹を発見!

保育園や幼稚園で手足口病に感染した可能性アリ

子どもの肌トラブルレスキュー!こんな症状が出たらどうしたら良い?~後編~の画像2

「手、足、口のなかに水泡性の発疹が出たら、手足口病にウィルス感染している可能性が高いです。保育園や幼稚園で集団感染することが多く、夏に感染が広がります。飛沫感染の他、よだれやうんちから感染するので、その時期は手洗い&うがいを徹底して予防しましょう」

 

ある物質に接触すると赤く腫れます

接触性皮膚炎かもしれません。
原因物質をつきとめて

子どもの肌トラブルレスキュー!こんな症状が出たらどうしたら良い?~後編~の画像3

「刺激やアレルギーを起こす物質に接触すると、そこが赤く腫れたり、かぶれることがあります。金属や化学物質、太陽、植物など、原因物質をつきとめて、子どもの肌が当たらないように気をつけて。保湿していると出にくいこともあるので、日々のスキンケアも重要です」

 

汗をかく部分に小さな湿疹が…

汗が皮膚のなかに溜まって炎症を起こすあせもの疑い

子どもの肌トラブルレスキュー!こんな症状が出たらどうしたら良い?~後編~の画像4

「暑さで汗腺の出口が詰まり、汗が皮膚のなかに溜まって炎症が起きるあせもは、子どもの肌質でケア方法が異なります。もともと肌が強い子は、ベビーパウダーなどで肌を乾かしてあげましょう。肌が弱い子は、乾燥した肌が汗でかぶれているケースがあるので、保湿を心がけて」

 

すり傷がいつの間にか水ぶくれに!

ブドウ球菌が入ってとびひを引き起こしたかも

子どもの肌トラブルレスキュー!こんな症状が出たらどうしたら良い?~後編~の画像5

「とびひは夏に子どもが多くかかる皮膚疾患です。虫刺され、あせも、すり傷などの部分にブドウ球菌などが入って繁殖し、水ぶくれや湿疹を引き起こします。掻くと液が飛んで、全身に症状が広がることも。薬を塗ったらガーゼをして、触らないようにケアしてあげてください」

 

入浴後、肌にポツポツが!

寒暖差の刺激がキッカケで蕁麻疹が発症したかも

子どもの肌トラブルレスキュー!こんな症状が出たらどうしたら良い?~後編~の画像6

「入浴後に蕁麻疹が出るのは、急な寒暖差がストレスになっていることが多いです。冷たいタオルで肌を冷やしてあげれば、かゆみが和らぎ、しばらくすると治まってくるはず。」

 

子どもの肌トラブルレスキュー!こんな症状が出たらどうしたら良い?~後編~の画像7教えてくれたのは
小暮裕之先生
こぐれひろゆき/有明こどもクリニック有明院・豊洲院 ・勝どき院・田町芝浦院理事長。小児科専門医によるチーム医療で子育てをサポートする。妊娠中のママ向けセミナーも開催。

イラスト/植松しんこ、編集協力/仁田ときこ(kodomoe2017年12月号掲載、一部編集しております

こちらも読んで!
~前編~小児アレルギーの予防は乳児期のスキンケアがポイント!子どもの肌トラブルQ&A

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ