2019年12月28日

オーガニックでスタイリッシュ。Swedish Beauty Festivalで見つけた「ラーゴム」な美しさ

シェア
ツイート
ブックマーク

今月、東京・六本木にあるスウェーデン大使館で開催された「第1回Swedish Beauty Festival」。スウェーデンから学ぶ、美しさに関するヒントをレポートします!

オーガニックでスタイリッシュ。Swedish Beauty Festivalで見つけた「ラーゴム」な美しさの画像1
大使館入り口で幸せを運ぶ馬、ダーラナホースが迎え入れてくれました。

スウェーデンのビューティ&ヘルスケアのキーワードは「ラーゴム」?

スウェーデンの美容を考えるうえでキーになる考え方に「ラーゴム」という言葉があります。スウェーデン語で「多すぎず、少なすぎない」という意味で、スウェーデンの文化を知る上では欠かせません。

「ラーゴム」的な美容としてスウェーデンの人たちが好むのは、使いやすく、シンプルなステップで使える美容法や、自然由来の原料が入っているかなど、成分にこだわった化粧品。つまりそれは「子どもから大人まで安心して使えるもの」という考え方にも繋がり、私たち日本人にとっても参考にできそうです。

オーガニックでスタイリッシュ。Swedish Beauty Festivalで見つけた「ラーゴム」な美しさの画像2
各ブースでお披露目されたスウェーデンのビューティ&ヘルスケア商品。

スウェーデンの美容家が
日本で出会った「美と体に良い食材」

オーガニックでスタイリッシュ。Swedish Beauty Festivalで見つけた「ラーゴム」な美しさの画像3
著書の「Beauty Food –内からの健康と美容のための85のレシピ」を紹介するマリアさん。

会場では、ストックホルムからこの日のために来日された、スウェーデン人の美容家、Maria Ahlgren(マリア・アールグレーン)さんの「Beauty Talk」がありました。

マリアさんはストックホルム在住のビューティ&ヘルスジャーナリストで、東京生まれの娘を持つママ。2007年から2011年までを東京で過ごされたそうです。彼女の最初のスキンケアレシピ本「Beauty Food –内からの健康と美容のための85のレシピ(日本未発売)」は2017年に出版され、スウェーデンだけで4度再販されています。

この本にはマリアさんが日本で出会った美と体に良い食材や地元スウェーデンで大切にされているベリーやキノコなどの食材などからヒントを得て書かれているそうです。

例えば、日本の食材では、
豆腐、味噌、脂ののったお魚、抹茶、そば

スウェーデンの食材では、
野生のベリー、地元の魚や海鮮類、季節の野菜、根菜、発酵野菜

と、スーパーで簡単に手に入る食材が内側から輝く肌づくりのヒントを持っているのだそう。特別な食材でなくても、発酵食品や海鮮類などを日々の食事に登場させることで、肌のケアができる。伝統的な日本食にあらためて注目したいと思います。

話題のヴィーガンケータリングで美味しく、体の内側から美をチャージ!

オーガニックでスタイリッシュ。Swedish Beauty Festivalで見つけた「ラーゴム」な美しさの画像4

大使館内で提供されたのはヴィーガンケータリング専門料理の「SUNPEDAL(さんぺだる)」のケータリング料理。ブルーとイエローのキャンディのような食べ物はエナジーボールという、日本のスーパーフードのきな粉などを使っているオリジナルスイーツです。美味しいだけではなく、見た目もハッピーな気分になります。

オーガニックでスタイリッシュ。Swedish Beauty Festivalで見つけた「ラーゴム」な美しさの画像5

ドリンクはリンゴンベリージュースやエルダーフラワージュースなど、スウェーデンの国民的な飲みものに気分があがりました。写真にはないのですが、Glögg(グロッグ)というスパイス入りのホットワインも提供されました。寒さが厳しい冬によく飲まれているそうです。

筆者が会場内で見つけた、次来る! スウェーデン発ビューティアイテム3選

会場内には、成分にこだわりながらもスタイリッシュなアイテムが多数展示されていました。革新的美容機器としてウワサのあのデバイスの姿も! 

1. スタイリッシュなデリケートゾーン用の洗浄剤「LIPのオーガニッククレンジング モイスチャライジングオイル」

オーガニックでスタイリッシュ。Swedish Beauty Festivalで見つけた「ラーゴム」な美しさの画像6
LIP intimate care クレンジング モイスチャライジングオイル 75ml  3200円

スウェーデンから誕生したLIPのクレンジングモイスチャライジングオイルは100%ヴィーガン対応の泡立てないデリケートゾーン用の洗浄剤。石鹸ではなく、オイルで作られたものは日本ではめずらしいと思います。肌の潤いを損なうことなく、デリケートゾーンを清潔に保つことができます。

健康食品としても注目されているシーバクソンは肌を健やかに保ち、潤いを与え、フラゴニアの爽やかな香りは肌を清潔に保つ効果も! 

2. スウェーデン人なら誰もが知っている「TePe(テペ)のGOOD歯ブラシ」

オーガニックでスタイリッシュ。Swedish Beauty Festivalで見つけた「ラーゴム」な美しさの画像7
TePe GOOD(写真右) オープン価格

TePe(テペ)とは、スウェーデン南部の都市マルメで生まれたスウェーデン人におなじみの歯ブラシブランド。スウェーデンの歯科医は大人から子どもまでテペの歯間ブラシを使ってオーラルケアをすることを推奨しているそうです。カラフルなビジュアルは子どもも喜ぶこと間違いなし! 

GOODシリーズの歯ブラシは環境に配慮し、CO2の排出を95%リサイクルさせることが可能なバイオベース材料が使われています。環境に優しく、サステナブルなのも人気の所以なのでしょう。子ども用の歯ブラシはかわいいイラスト付きで歯を磨く時間が楽しくなりそうです!

3. アプリと連動して使うハイテククレンジング&トリートメントデバイス「FOREOのLUNA3」

オーガニックでスタイリッシュ。Swedish Beauty Festivalで見つけた「ラーゴム」な美しさの画像8
LUNA3 ノーマルスキン(パールピンク)26000円

革新的美容機器としてSNSで話題をさらっているFOREOの洗顔ブラシは、かのBluetoothを開発したスウェーデン人のテクノロジーが活かされています。一度の充電で650回使えるので旅行中に活躍することはもちろん、電源コードを気にすることなく洗面所に置いておくことができるスグレモノ。(もちろん防水です)

BluetoothでLUNA3と専用アプリを繋げれば、極上のスキンケア体験を味わえます。手の洗顔だけでは落ちなかった毛穴の汚れもすっきり、そして裏面のフェイシャルトリートメントと共に使えば驚くほど簡単に肌をケアすることができます。スタイリッシュなデザインにも注目です。

オーガニック、といった成分にこだわるのはもちろんですが、それだけではなく、女性のニーズに合わせて最新のテクノロジーを使ったり、デザインにこだわったり、がちょうどいいバランス。スウェーデンの美容アイテムにも「多すぎず、少なすぎない」である「ラーゴム」の思想がしっかり生きているんだなと感じました。

※紹介した商品は全て税抜き価格です。

撮影:水村莉子 取材・文:吉村有理江

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ