スペシャリストに聞く、ダイエットの正しい知識を教えて!【ラクやせメソッド・5】
2020年1月6日

スペシャリストに聞く、ダイエットの正しい知識を教えて!【ラクやせメソッド・5】

シェア
ツイート
ブックマーク

睡眠ダイエット、甘酒ダイエット、トリプトファンダイエット、腸上げダイエットとママにおすすめの4つのダイエット方法をご紹介してきた「ラクやせメソッド」。
最終章では、各メソッドにプラスワンのアドバイスと、ママ達の成功例や失敗談などを届けします!

ダイエット成功への道は
がんばらず習慣化すること!

「食事や生活リズムを大きく変えるダイエットは続きません。また、脳と体のメカニズムに逆らった方法はリバウンドする可能性が大。効果よりも続けられるダイエット法を選びましょう」とラクやせメソッド医学博士であり日本ダイエットスペシャリスト協会理事長としても活動する永田先生。
永田先生は、ダイエットでは体に必要な栄養素を見きわめることも大切だといいます。
「例えば、現代人はたんぱく質不足&炭水化物過多の傾向にあります。吸収されにくい上に不要分は体外に出てしまうたんぱく質こそ、こまめにとりたい栄養素。小腹がすいたと感じたとき、体はたんぱく質を欲しているのに手軽な炭水化物で済ませてしまうと、エネルギーの不足分を取り戻そうとする脳の指令でさらに食欲が増してしまうことも」
満腹を感知する満腹中枢や、食欲を促す摂食中枢を司るのは脳。栄養バランスのよい食事で脳と体を満足させることが、ダイエットの大前提なのだそう。
「今回紹介されているダイエット法はどれも健康的でママが生活に取り入れやすい点も◎ 完璧を目指さず、できることを続けるだけでも体は反応してくれるはず」

 

スペシャリストのプラスワンアドバイス
4つのダイエットを成功に導くラク習慣

睡眠ダイエット

睡眠中の空腹状態で
さらに効果アップ!

空腹で血糖値が極端に下がると血糖値を上げるために成長ホルモンを分泌。また、胃腸を動かす作用がある消化管ホルモン「モチリン」も空腹時に活性化します。少なくとも朝食までの7時間は何も食べない習慣を。

トリプトファンダイエット

貝類もプラスして
セロトニン不足を回避

女性のセロトニン量は男性に比べて半分しかなく、不足するとイライラの原因に。セロトニンの合成には、トリプトファンやビタミンB6、糖質のほかに亜鉛が必要。亜鉛を多く含む貝類も意識してとりましょう。

生甘酒ダイエット

乳酸菌の同時摂取で
腸の働きを最大限に!

腸内細菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖と、腸にとって有益な働きをする乳酸菌などを組み合わせると、腸活はより効果的に。生甘酒に加えてヨーグルトも習慣化することで、さらなる効果が期待できるかも!?

腸上げダイエット

リセット力を信じて
まずは深呼吸から!

内臓はリセット力が高いので、お腹をできるだけへこませたりふくらませながら深呼吸をするだけでも定位置に戻りやすいのだとか。毎日ストレッチを続けられるか心配、という人は深呼吸からスタートしては?

 

みんなのダイエット事情

産後、ダイエットをしたママは3人に1人。成功率は約40%!

成功ママに多かったダイエット法は、夜8時以降は食べない、栄養バランスのいい和食中心の食事、すき間時間の運動など。3か月〜半年かけて減量したママが多いようです。逆に、バタバタ育児の中でダイエットが続かず失敗したというママも……。何事も継続は力なり。ママたちの体験もぜひダイエットの参考にしてみて!

 

成功ママの体験談

電動ではない自転車に毎日乗っていたら3か月で妊娠前のデニムが履けるように!
(佐々木香有里さん/7歳男の子、3歳女の子ママ)

託児所つきのジムに週2で通って、6kgの減量に成功!
(みくさん/7歳&4歳男の子ママ)

食事は子どもとシェア。子どもが足りなかったときだけ追加します。半年で2kg減!
(さっとんさん/7歳&3歳女の子ママ)

 

失敗ママの体験談

体重と体脂肪は戻ったけれど、体型の崩れが戻りません。
(SUSUさん/6歳男の子ママ)

食事制限&ウォーキングを試みましたが、育児疲れとストレスで見事に失敗……。
(soraさん/5歳女の子ママ)

夕飯に炭水化物抜きダイエットをしたものの、夜中の授乳でお腹がすきすぎて大変でした。(まゆぺさん/0歳女の子ママ)

 

スペシャリストに聞く、ダイエットの正しい知識を教えて!【ラクやせメソッド・5】の画像1教えてくれたのは
永田孝行先生
ながたたかゆき/医学博士、日本ダイエットスペシャリスト協会理事長。低インシュリンダイエットの第一人者。近著に『ダイエット ベーシック ブック』(評言社)など。

こちらも読んで!
【ラクやせメソッド】の一覧を見る

イラスト/多田景子、編集協力/田所佐月(kodomoe2018年2月号掲載)

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ